稼ぎたいならバカになれ

「僕は学歴もないし、バカだから、

稼げるとは思えません・・・」

とか言う人、いるよね!

 

いやいや、バカ上等でっせ!

 

ビジネスにおいては特に。

 

世間的に言われる「頭がいい人」、

つまり「高学歴」「高偏差値」の人なら、

ビジネスとか上手くやって稼いでそうだけど、

 

現実はそうじゃない。

 

彼らには彼らなりの欠陥がある。

 

あなたが稼ぎたいと思うなら、

「バカ」になったほうがいい。

 

 

もしあなたが、

「バカなんです」

という自負があるなら、

こちらは大歓迎だ。

 

「頭がいい」なら稼げるか?

 

まず始めに。

 

「頭がいい人」

なら稼げると思いますか?

 

僕の答えは、

「NO」。

 

僕が主張は、

 

世間一般の言う、

「頭のいい人」

(=「高学歴・高偏差値」)

であっても、

 

ビジネスで稼ぐことには

たいして関係ないということ。

 

 

誤解を恐れず、一言でいうと、

 

「学力 ≠ 稼ぐ力」

 

だってこと。

(これはマジで重要)

 

 

日本だと、なんか勘違いされがち。

 

 

いくつか例を挙げるけど、

 

「弁護士」

「公認会計士」

 

って、資格を取るために

ものすごい勉強してるよね。

 

公認会計士でも、

資格を取得するまでに、

「合計5000時間」

を勉強に費やしているのが普通。

 

「5000時間」

 

ですよ。

 

1年換算だと、1日14時間。

 

すげーな・・・

 

たしかに、この人たちは、

勉強はすごくやっています。

 

結果、学力は高い。

 

ですが、問題が1つある。

 

何だと思います?

 

実は、

 

「資格を取得しただけでは、稼げない」

 

ってこと。

 

「えええええwwww」

 

って思った?

 

でも、考えてみれば当然で、

 

公認会計士って、

監査法人に勤めたり、

企業でサポートを行うのが主な仕事。

 

だから当然、

就職先を探すわけで。

 

持っている学力は、

「自分でお金を稼ぎだせる力」

ではないのだ。

 

 

「安定するために資格を取る」

みたいなことを言う人もいるけど、

 

それって本気?っていつも思う。

 

収入の安定が目的なのに、

 

5000時間勉強しても、まだ

お金を稼ぐ力にならない、

 

そんなリスキーな賭けに参加しちゃう。

 

(5000時間ビジネスの実践に充てた方が、

よっぽど将来安定する。)

 

日本は、高学歴がもてはやされるから、

 

難関大学、大企業、国家資格、

 

それらを「安定」だと安易に信じている。

 

 

だからこそ、ここでは、

「学力≠稼ぐ力」

だということを改めて強調したい。

 

2通りの人生

  1. 頭がいい人
  2. バカ

「どっちの人生がいい?」

と聞かれたら、ほとんどが

「頭がいい人」

の人生を選ぶと思う。

 

でも、僕はこう思っている。

  • 頭のいい人は「ありがちな人生」をおくる
  • バカは「自分だけの面白い人生」をおくる

 

「お勉強」をちゃんとやってきた人は、

世間の期待する「いい人生」のレールに乗りがちだ。

 

いい大学、いい会社、

結婚して、マイホームを買って・・・

みたいな。

 

こういう人たちは、

学力競争を勝ち抜いているだけあって、

「ビジネスをやる」

ことで稼げることはすっと理解できる。

 

たとえば、僕が実践しているビジネスモデルを

説明したら、いかに稼ぎやすいか、すぐに納得すると思う。

 

でも、今まで安定安定・・・・

と選択をしてきた人は、

世間的にリスキーと言われる選択に踏み切れない。

 

そう、稼ぐポテンシャルがあっても、

土俵にすら上がってこないことが多々あるのだ。

 

年収1000万円稼ぐ人は、

日本の労働人口の5パーセントくらい

だというが、

 

会社員やパートをしている人は、

労働人口の80~90パーセントだ。

 

今まで90パーセントが選ぶ人生を送ってきた人は、

いまさら5パーセントがとるような選択肢を

選ぶことができない。

 

 

高学歴・高偏差値の人が、

このようにがんじがらめにあっている中、

 

一方のバカはというと・・・

 

世間に期待されるようなレールにはのってない。

 

失うものは少ない分、身軽なのだ。

 

世間に期待されるレールに乗ってしまった人は、

副業を始めるとか、起業するとか、

に対して、拒否反応がある。

 

昔とちがって、

ビジネスを始めるのに必要な初期投資は

たったの0~数千円だ。

 

変な抵抗のないバカは、

身軽に、とりたい選択肢を選べる。

 

初期投資のないビジネスなら、失敗しても、

失うものは時間くらい。

 

しかも、

頭がいいだけにあれこれ考えて、

「やらない」

高学歴・高偏差値たちと比較して、

 

「実際に行動」

しているバカには、

ビジネスの経験が蓄積される。

 

結局のところ、

バカ

(=世間に期待される人生を送れていない人)

の方が、

変なしがらみがない分、いい。

 

 

また、先ほども少し話にでたが、

 

頭が良い人は、

「考えすぎ」だ。

 

バカだったら、

失敗しても数千円しか失わなくて、稼げるとわかれば、

「やります!」

となるのに対し、

 

頭のいい人は、

(「これは稼げるな・・・」)

とおもいつつも、

(「でも、〇〇になったら・・・)

(「だとすると、▲▲で・・・」)

と、考えまくる。

 

そして結局、

「やらない」

 

今後も安全な選択をして、

普通に生きていく方の道を選んでいく。

 

まとめ

 

今日話したとおり、

 

世間的に頭がいいと言われる人は、

変なしがらみがあって、

やればいいのに行動しない。

 

 

だからこそバカになれれば勝ち組だ。

 

バカになるということは、

  • 変なしがらみを無視する
  • 考えすぎず実行する

と言い換えてもいいだろう。

 

ちなみに、

バカになってどんどん稼いで、

スキルをつけていくと、

面白いことが起こる。

 

頭のいい人(けど何もやってない人)から、

「どうしたらあなたみたいに行動できますか」

「成功するにはどうすればいいですか」

と羨望のまなざしを向けられる。

 

バカになったのに、憧れられる(笑)

 

頭のいい人では動けない。

だからこそ、

バカになれば稼げる。

 

さあバカになって稼ごう。

 

 

PS.最後まで読んでくれた人へ

 

僕は、今まで世間的に「いい人生」と言われるよう

選択をしてきていた。

 

でも、それではありがちでつまらない、

他人のために生きる人生になると確信し、

 

思い切って「バカ」になった。

 

普通の人だったら、

いい大学、いい企業・・・と言ったら、

もうそのレールから抜けられない。

 

でも、「バカ」になって、

ビジネスの世界に飛び込んでみた。

 

その結果、新入社員の給料に加えて、

副業で15万円を稼ぐことに成功した。

 

 

こっそり伝えておきたいのは、

 

頭がいい人がバカになれたら、

それが一番最強だということ。

 

頭脳明晰、行動はバカ。

 

レールに乗ってしまった人はそれを目指してほしい。

 

 

詳しいビジネスのやり方が聞きたければ、

こちらから相談できます。

====================

僕は月収2100万円を25歳にして稼いでいます。

人間関係のストレスも0で、場所にも縛られない働き方を僕は選びました。

満員電車とは無縁どころか、時間を大切にするため移動は基本全部タクシーですし

趣味のギターは時間を忘れて練習に没頭したり、アニメを1日中見る日もあります。

ある時には昼間にふと思い立ち、夕方には帰りのチケットも買わず台湾旅行へ行きました。

1日のスケジュールも立てず気の赴くまま繁華街や観光地を散策したり

高級料理屋も財布を気にすることなく店に入って楽しんで、夜には1回3万円のマッサージで疲れた身体を癒したり

なんて日常を過ごしています。

そんな話を聞くと、なんかコイツめっちゃ怪しいとか思うかもしれません。

お前だから出来たんだろ?とも言われます。

けど元々まったくのビジネス素人でしたし

僕は引っ込み思案で緊張しいで、人前でしゃべる時には心臓バクバクして顔真っ赤になるし

ついでに学歴コンプレックスに悩まされ続ける大学生でした。

そんな僕でも今では自信に満ち溢れて、月収2100万円まで稼げるようになりました。

日常生活でも人間関係が改善したり、ぶっちゃけモテたりもします。

結局、やるべき事を学んでいけばどんな人でも稼げる流れがあるので

やるかやらないかなんですよね。

学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできて

実際に僕の教え子は月10万、100万、300万円と稼いでいます。

僕も全くの0から月収2000万円を超えるまでになりました。

過程を下記の記事で公開しています。

月収2000万になれた佐々木の行動理念

====================

7日間で学べる佐々木先生のメルマガ講座はこちら




※ご入力いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。第三者への共有や貸出し、売却等は決して行いません。

※メール講座は不要だと思ったら、いつでもメール講座で届くメール本文の最下部より解除ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です