年収5000万の経営者の大先輩「お金持ちになりたかったら高級バスタオル買いなね」僕「買います!」

「お金持ちになりたかったら高級バスタオル買いなね」

これはつい一昨日、

僕の尊敬する大先輩の経営者さんから教えてもらったこと。

 

その瞬間、実は色々思うことがあって、

その場でぽちっと買ってみた。

(何を思ったのかは後述)

 

そして、届いたのが今日だった。

 

「セレブのバスタオル
ドバイの7つ星ホテルで使用」

 

というハイエンドバスタオルである(ドヤ)

早速、取り出してみる。

 

これは・・・!?!?

俺の知っているバスタオルとは、

厚みが違うぞ・・・!!!

 

これまで、いつも使っていたペラッペラのバスタオルに対しては、

正直道端の雑草のように何とも思っていなかったが、

 

このバスタオルは今まで感じたことのない

「ふんわぁーり」

した風合いで、肌ざわりがすごい。

 

実際に風呂に入って体を拭いてみたところ、

体を拭きおわってからもずっと身にまとっていたくなる。

 

「バスタオル使いたいから風呂入る病」

 

にかかってしまったかもしれないレベル。

 

あ、そうだそうだ。

 

実はこの話、

「高級バスタオル最高!」っていう話ではない。

 

ここからが始まり。

金持ちになりたいならまず高級バスタオルを買うべき理由

もともと、経営者の大先輩が

「金持ちになりたいなら高級バスタオル買え」

の話をしてくれたわけで。

 

なんで高級バスタオルを買うべきなのか?

 

考えてみたい方は、

読み進めずに一旦考えてみるといいです。

 

では答え。

 

それは、

「金持ちごっこ」

をするため。

セルフイメージを金持ちに塗り替えていく

人には人それぞれにセルフイメージというものがある。

 

で、そのイメージをもとに現実が作り上げられている。

 

自分がどの程度の人間か、自分は潜在的に知っているのだ。

 

その時に例として出してくれていたのが、

 

「日本人は最低でも家賃4万円くらいには住みたがる。これが一般の日本人のセルフイメージ。」

「でもインドだったら、家賃は1万円くらいが当然。これが一般のインド人のセルフイメージ。」

「インドの人にとっては、日本人って家賃たっかーー!!ってなる。」

 

って話。

 

明らかに感覚が違うということ。

セルフイメージにギャップがあると、全く感覚が理解できない。

 

で、僕らは、金持ちに対して、

「金持ちの感覚はわからん!!」

ってなる。

 

でも、

「その感覚の差が、年収の差」

ということなのだ。

 

じゃあ、そのギャップを埋めるにはどうするか?

 

少しずつでもいいから、

  • 金持ちの感覚を理解する
  • 金持ちの感覚に触れる
  • 金持ちの見ている景色を見ていく

必要があるのだ。

金持ちが使う高級バスタオルの値段にビックリ。

で、バスタオルの話につながる。

 

実は、金持ちが使うような高級な素材でできた

バスタオルでも、1万円程度で買えてしまうのだ。

 

綿100%でどんなにいいものを使っても、

現状それくらいの値段で収まってしまうようだ。

 

なので、

「1泊300万円のホテル」

なんかに泊まるお金持ち体験はできなくても、

 

「1枚1万円のバスタオル」

くらいなら結構簡単に体験できるってこと。

 

いきなり超高額なものから

はじめるのは普通ムリ。

 

でも、バスタオルみたいに

できるところから始めていって、

 

高級バスタオルから、

高級箸とかになって、

高級なコップとか、

 

少しずつ金持ちの景色に触れて、

気付いたら金持ちの感覚になって、

その時にはもう本当の金持ちになっている

ということなんだという。

佐々木が即高級バスタオルを買った理由

その経営者のTさんにも言ったのだけれど。

 

実は、

「僕は数年前にもこの話を聞いた」

のである。

 

しかも、同じ人から。

 

こりゃやばいと思った。

確かメルマガだったと思う。

 

この話を聞いたとき、

「あ、やべ」

って一瞬で気づいた。

 

そう思ってメールボックスで

「バスタオル」

と検索してみて、驚愕した。

 

この話を聞いていたのは、

2016年の7月のことだった。

 

実に2年半も経過している。

 

数年前、全くもって稼げていないときに

そのメルマガを読んで、

 

「高級バスタオルか~!買ってみようかな」

 

そう思ってAmazonを探した記憶はあるけど、

なんかしら理由を付けて結局買わなかった。

 

もしちゃんと探して買っていたら…

なんて考えるのは今となっては後の祭りだが、

 

同じタイミングで同じ話を聞いていた人は、

「僕はその時買いました」

と言っていた。

 

で、その方の収入は僕よりも1桁多い。

そんで、僕はその方にビジネスを教わっていたりする。

 

こりゃあかん、と。

 

すぐさま買った。

数字に素直になること

この経営者さんからは

本当に色々なことを学ばせていただいているが、

せっかくこの記事を読んでくれている人に

1つシェアをしておきたい。

 

それは、

「数字に素直になること」

だ。

 

これをTさんは何度も言っていた。

だから本当に、ほんとーーーーーに、

大事なことなんだろう。

 

こんな話が出た。

 

「じゃあ君が年収300万のサラリーマンだとして。」

「僕が年収3000万の経営者ね。」

 

「まぁ年収300万でも、言い分はあると思う。」

「でもね。」

 

「自分とか全くなしに、お空の上から2人を見た時、」

「お金を稼ぐことについてだったら、どっちの言うことを信じる?」

 

「・・・そりゃ、稼いでるほうだよね。」

 

「これが客観視っていうこと。」

「数字に素直になるっていうこと。」

 

「だから、自分より稼いでいる人で、」

「その人についていくって決めたら、」

「自分の考えとかをはさまずに行動する。」

 

「とにかく数字に素直になることが大事。」

 

こんな風に言っていた。

 

もしお金持ちになりたい気持ちがあるなら、

まずは金持ちごっこをしよう。

 

数字に素直になって、

まず一歩踏み出してみてほしい。

 

くれぐれも僕みたいに、

このバスタオルを買うのが

2年半も先とかにならないように。

 

僕が買ったドバイの高級バスタオルはこれ↓

(すぐ使いたい人におすすめ!!)

 

今治のバスタオルで一番高級なタオルも

ちょうどいい感じの値段です↓

(フェイスタオルとバスタオルがあるので間違えないように!楽天のページ下部にバスタオルがあります

 

買ってみた人がいたら、ぜひ感想をコメントで教えてください!!

 

僕もこの記事を書いてから、自分がどこまで変わっていくか楽しみです。

 

PS.

この話を教えてくれた経営者さんも、

全然稼げてない駆け出しのころに

ガンガン稼いでる経営者の方からこの話を聞いたんだとか。

 

その時、理由も聞かずに

「はい!買います!」

と数字に素直に行動したという。

 

さすがとしか言いようがない。

僕も数字に素直に生きる。

 

PPS.

この記事のことをツイートしたら、早速買ったよとコメントが。

即ポチってくれた方は僕の生徒さんで、もう数十万円稼いでますが、この感じじゃもっと行きますね。

 

あと、僕の記事を読んだビジネス仲間からも

「買いました!」っていうメッセージがめっちゃ届きました。

数字に素直すぎますね。

でも、それくらいでいい。

 

最後に一言。

「あとでいっか」は数年後。

それではまた。

====================

僕は小さいころから、世間一般に良く思われるような人生の選択をしてきました。

いい大学行って、まともそうな企業に勤めて・・・

皆さんもそういう人生を聞くと、『理想的だな』とか思うかもしれないんですが、

僕の中では疑問がありました。

自分の力では1円も稼げず、会社の歯車でせこせこ働かないといけない労働者。

上司や先輩を見て、このまま会社で40年とか働いて人生を終えると思うと、

『自分の人生って、何のためにあるの?』

『本当にこのままでいいのかな』

と思うようになって、毎日その疑問と戦いながら通勤して、働いてました。

20数年生きてきて、他人に評価されるために人生の選択してきて、

今後40年くらい定年までずっと他人の目を気にして生きていく・・・・

そんなの胸を張って『自分の人生』って言えないなと思って、ビジネスに本気で取り組むようになりました。

初めて2か月くらいで月に1万円、そこから5万円、15万円って稼ぎが出るようになって、

今では独立して月に140万円超の収益を上げたりしてますが、

そこに至るまでの僕のリアルな人生を、ストーリーにしてメールでお届けしてます。

僕の会社は安定を求めてる人ばっかりなので、10年に一度くらいしか独立する人がいないらしく、

だいぶ異端児みたいなので、読者の方からは『世界の見え方が変わりました』ってよく言ってもらってます。

あと僕がここに至るまでの道筋をロードマップにして無料でプレゼントしてるので、

今の人生に疑問を感じてる方は是非手に取ってみてください。

→メルマガ登録プレゼントの詳細はこちらをタップ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です