会社の飲み会に行きたくない人必見!嫌われない断り方とは!?

会社員をやっていると、どうしても飲み会に誘われる機会があって、行きたくもないのに、付き合いで時間を浪費してしまうことがよくあると思います。

 

飲み会ってものは、

・時間もかかる

・お金もかかる

・自由もない

時間とお金を払ってお酒を飲むだけだならともかく、聞きたくもない話題に相槌をうったり、手酌をしたり。せっかくのお酒がマズくなります。

 

逆に飲み会にいくならお金をもらいたいくらいですよね・・・仕事の一部みたいなもんですから。

 

まぁ、お金をくれるとしても、時間の切り売りはしたくないので帰るのがベストですね。

 

でも、実際の皆さんはどうでしょうか?

 

「飲み会なんて行きたくない!」とか思いつつも、「付き合い悪いとおもわれたくないし・・・」とか「周りの目が気になるから・・・」と、行きたくもない飲み会に直行している姿が目に浮かんできます。

 

大前提として、行きたくもない飲み会はきっぱり断るべきものです。

 

その時間があったら、理想とする人とともに過ごして、あなたが望むライフスタイルを確立できるように努力すればいいのに、、、と思ってしまいます。

 

・・・だからと言って、そう簡単に断れないのが飲み会の現実ですよね?

 

今回は、「会社で飲み会を毎回断り続ける僕」が、嫌われない上手な誘いの断り方を伝授していきます。

 

これであなたも、飲み会を断る達人になれますよ。

 

僕はなぜ飲み会を断っても嫌われないのか

 

僕は毎度毎度飲み会を断るんですが、周りはなぜか納得してくれます。

 

これって結構不思議なところでもありました。毎回断るんですよ。同期の飲みとかも沢山日程を提案されてもばっさり切っちゃってます。ふつう嫌われますよね。

 

なんで僕が嫌われないのか、周囲が飲み会に行かないことを納得してくれるのか?自己なりに分析するうちに、ある重要なポイントに気付きました。

 

 

飲み会の断り方は多種多様ですが、僕の気づきとしては、

「普段の周囲との接し方」次第で、意外と簡単に断れる

 

ということでした。ちょっと意外でしょうか?

 

「飲み会を断る」以外の例で考えてみる

 

「普段の周囲との接し方」次第で、意外と簡単に断れると言いました。僕が思うに、物事というのは普段どういった準備をしているとかが結果に大きく影響するものが多いです。

 

スポーツの試合とかもそうですよね。試合だけ頑張っても勝てません。日々の練習の積み重ねが大事。

 

意中の女性をデートに誘うのも同じ。デートの誘い文句とか、デートプランをいくら考えても、相手が自分のことを「キモい・・・というか誰?」みたいに思っていたら本末転倒です。ちゃんとデートに誘えるような仲になっておかないといけません。

 

「何をするかより、誰とするか」みたいな歌の歌詞もありましたが、まさにその通り。

 

対人関係の事柄に関しては、事前の準備、つまり「普段からあなたがどう思われているか」で色々なことが決まってきます。好意をもたれている人にデートに誘われたら、「●●さんに誘われた」ということだけでGOサインがでるんです。

 

ここで主題の「飲み会を断る」ということを考えてみましょう。僕が言いたいのは、「飲み会を断るときに急に頑張っても遅い」ということです。ポイントは、普段のあなたがどう思われているか。

 

飲み会を断るための言い訳をいくら考えても、周囲があなたに対して、いいイメージを持っていないだけで「なんだよ来ないのかよ」と反発した思いを抱きます。

 

 

でも裏を返せば、周囲から好意を持たれている人なら、理由をつけてさわやかに断ることでそれが通ってしまうんです。

 

補足しておくと、理由の付け方にもコツがあります。どうせなら相手が上手く納得するスマートな断り方も覚えておきましょう。僕が普段やっていたことを分析してみたので、参考にしてみてください。

 

僕が”普段から”やっていたこと

 

・周囲とのコミュニケーションの取り方の工夫

ex.会釈するだけ→挨拶をする

会社では不愛想な人が多い中、毎回挨拶をしていたため、結果として僕のイメージがアップになっていたらしいです(先輩談)。そんなところも甘く見れないんですね。

 

・自分の趣味や、打ち込んでいることについて話す

よくわからない人っていうのは周りから理解されにくいものです。逆に言えば自己開示することで理解を示してくれるとも言えます。

 

また、この自己開示で話す内容が、飲み会を断るときに相手を納得させる材料にもなります。

 

金曜日は昔のバンド仲間とスタジオに曲合わせに行くんですよ~とか、大学の研究室の仲間と語ってきます!なんてことを同僚や先輩によく話しています。いい感じにくぎを刺していますね。

 

あとは、「家に帰ってギターを弾くことが毎日の楽しみなんです!」なんてこともよく言っていて、「ギターは1日休むと3日腕が落ちるんですよ!休むとかありえないです!」っていう話もしていました。

 

こういう話をしておくことで、誘いを断るときの理由にリアリティが出て、相手が納得しやすかったのだと分析しています。

 

 

僕が”断るとき”にやっていること

 

シンプルに「ごめんなさい、行けないです!」と断るだけです。「本当は行きたいんですけど~」とか曖昧な事は言わないですね。

 

理由を聞かれた場合は、「よくぞ聞いてくれた!」とばかりに喜々として週末の予定をご説明します(たまにウソもつきます)。シンプルに普段話していることをもとに断る理由をつけるだけなのでとても簡単です。

 

誤解の内容言っておきますと、事前準備を怠り、周囲から好かれていない、理解されていないままの人は、どんな断り方をしても大抵嫌われるという結果が待っているということです。

 

そういう方は、今までのように「断り方」をあれこれ考えるだけでなく、普段の振る舞いにも意識を向けて改善してみてください。

 

まとめ

 

あなたが飲み会を断って、周囲から嫌われるか嫌われないか、実は断る前から駆け引きは始まっていたんです。この考え方は他の物事にも応用できることだとおもいますよ。
色々話してきましたが、この動画を見ているあなたが、「自分の望むライフスタイルを確立したい!」と思っているのなら、キッパリ誘いを断って、結果を出すことに専念するのが一番です。

 

ですが、周りとの関係性が気になってしまう人は、今回お話ししたように、「飲み会を断るとき」よりも、「飲み会を断るための普段の準備」に力を入れてみてください。きっと結果は変わってくると思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。相談等あれば、お気軽にご連絡いただければと思います。

 

====================

僕は月収2100万円を25歳にして稼いでいます。

人間関係のストレスも0で、場所にも縛られない働き方を僕は選びました。

満員電車とは無縁どころか、時間を大切にするため移動は基本全部タクシーですし

趣味のギターは時間を忘れて練習に没頭したり、アニメを1日中見る日もあります。

ある時には昼間にふと思い立ち、夕方には帰りのチケットも買わず台湾旅行へ行きました。

1日のスケジュールも立てず気の赴くまま繁華街や観光地を散策したり

高級料理屋も財布を気にすることなく店に入って楽しんで、夜には1回3万円のマッサージで疲れた身体を癒したり

なんて日常を過ごしています。

そんな話を聞くと、なんかコイツめっちゃ怪しいとか思うかもしれません。

お前だから出来たんだろ?とも言われます。

けど元々まったくのビジネス素人でしたし

僕は引っ込み思案で緊張しいで、人前でしゃべる時には心臓バクバクして顔真っ赤になるし

ついでに学歴コンプレックスに悩まされ続ける大学生でした。

そんな僕でも今では自信に満ち溢れて、月収2100万円まで稼げるようになりました。

日常生活でも人間関係が改善したり、ぶっちゃけモテたりもします。

結局、やるべき事を学んでいけばどんな人でも稼げる流れがあるので

やるかやらないかなんですよね。

学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできて

実際に僕の教え子は月10万、100万、300万円と稼いでいます。

僕も全くの0から月収2000万円を超えるまでになりました。

過程を下記の記事で公開しています。

月収2000万になれた佐々木の行動理念

====================

7日間で学べる佐々木先生のメルマガ講座はこちら




※ご入力いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。第三者への共有や貸出し、売却等は決して行いません。

※メール講座は不要だと思ったら、いつでもメール講座で届くメール本文の最下部より解除ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です