月収2000万円になってみて。佐々木の行動理念「世界の見える化計画」

こんにちは、佐々木です。

佐々木先生と呼ばれて親しまれている起業家です。

僕は21歳からビジネスをスタートして
現在は最高月収2100万円の収入を得ていて、
コンサルタント(指導者)としては
会社員、主婦、フリーランスまで幅広く指導し
副業で全くの0からスタートした人を
月100万~300万円の収入に持っていくような
サポートをしていたり、

現時点でも
情報発信やアフィリエイトといったビジネスで
月収100万円を超える教え子は4人いて
月10万とか数十万ならそれこそ数多くいます。

その他には
沖縄の某有名菓子メーカーにコンサル依頼されたり
とある病院の集客アドバイスを裏でしたり
100年以上続くイタリアの老舗高級時計ブティックや
ハイブランド店で買い付けをしに行ったり

なんて活動もしています。

 

ただ僕が特別ビジネスの才能があったか?
と考えるとそうは思えなくて

受験勉強も中学高校大学と失敗続きで
学歴コンプレックスを抱えていたり

スポーツや人間関係、恋愛もどれも中途半端で
飛びぬけたものは何もありませんでした。

むしろパッとしないモブキャラだったとも言えます。

 

しかしそんなところから、
運よくビジネスの世界に出会い
成功者から情報や知識を学ぶことで
今の僕があります。

そう、ちゃんと勉強したってだけの話です。

 

学歴コンプレックスはあるわ、
親のいいなりで人生の選択肢を決めてきたり
行きたい会社を蹴って世間体のいい会社に就職したり
自分で決めた道を貫くことすらできないヘタレでした。

 

そんな状態からいい加減変わらないと
人生気付いたら終わってしまうのではないかと
一念発起して起業して
今では最高月収で2000万円稼げるなんて
状態を達成するようにまでなりました。

 

クッソ怪しいんですけどww

と思うかもしれませんが、
僕も初めてネットビジネスだとか
起業の世界を知った時には、
胡散臭いなとか自分には関係ないとか
そういう見方をしていました。

 

でも今思うのは、
知らないことは何でも怪しく見えるという事です。
でも体現してる本人たちにとっては、僕にとっては
普通のことになってしまっています。

 

そういうもんなのかと認識したうえで
この記事を読んでもらえたら嬉しいです。

 

まずこのブログ、そして僕の人生のテーマは

「世界の見える化計画」

です。

なんだそりゃ?

って感じかもしれませんが、説明していきますね。

 

僕は、身の回りにある物事を
理論で読み解けるようになりたい
それが理想だと考えてます。

まだちょっと難しいですね。

 

じゃあ、身近な例でいうと
英語は多少なりとも読めますよね。

 

最低限、abc…ってアルファベットは読める人が大半だと思います。

 

じゃあ今「apple」という文字を見た時に、

・アップルだなと見える人

・「a」「p」「p」「l」「e」ってアルファベットが並んでるなと見える人

・なんかぐちゃぐちゃと線が書いてあるなーくらいに見える人

これってそれぞれ見えてる世界が違いますよね。

 

頭に体系だった知識があるかないか
それだけの違いなのですが
認識できる情報量に大きな差が出てきます。

 

apple が単なる線にしか見えない人よりも
アップルだからりんごかーと見える人の方が
受け取れる情報量も多いので

「世界が見える化してる状態」

と僕は定義しています。

 

見える世界の解像度が高い、ともいえるでしょう。

 

何事においても見える世界を広げたい、
そういうことを僕は目指しています。

 

じゃあそうなると何がいいのか?
って話なんですが

僕が「もっともよく見える化できてる世界」である
「ビジネス」を例にお話してみます。

 

僕やみなさんが世の中で触れるあらゆるものは、
誰かが何等かの意図で企画し、作ってきたものです。

僕がつかってるPCも、椅子も、マウスも。

世の中にあふれるコンテンツもそうですね。
漫画、アニメ、映画、小説、テレビ番組。

ではそれらに対して
なぜ流行ったのか?なぜ鳴かず飛ばずなのか?
そういうのが見えるようになると…

面白いことになります。

「歪み」が見えるようになるんです。

あれ?ここを改善すればもっと儲かるんじゃないの?
せっかく人が来てるのに勿体ない!

誰もやらないなら自分がやっちゃおう。

で、稼げてしまう、という。

シンプルに言うとお金に困らなくなります。

 

あとはすでに何か一芸ある人をプロデュースもできます。

僕の今書いている文脈でいうと
何かのジャンルの世界では「見えてる人」です。

そういう方々って
どちらかというと商売ってよりは
その一芸に振り切ってる人も多いと感じます。
悪い事ではないのですが。

僕はそういう人達に対して、
どうすればその一芸をマネタイズできるか?
も教えることができるんです。

すると周りにどんどん面白い人たちが
増えていくのですが、そういう点でも
「世界の見える化」が進んだおかげで
人生が豊かになってるなーと感じます。

 

特に僕の場合は、
初めにビジネスの世界が見える化できたので
お金には困らなくなりました。
学びに学んだ結果です。

見えているから、不安が一切ないんです。

 

おかげで今では
色々な事柄を見える化することに
時間もお金も費やすことができます。

 

たとえば、
僕は大学からギターをずっと弾いているのですが、
ビジネスで月2000万超えてから
昔は一切学んでこなかった

・音楽理論
・声楽の理論

など音楽の知識もガンガン入れることができてます。

なぜそんなことしてるかと言うと
これも見える世界が変わるからです。
見える化計画、進行中なわけです。

 

音楽の理論体系を学ぶと
たとえば同じ音を聴いても
その体系にそって読み解くことが出来ます。
見えるようになるんです。

たとえばコード進行とかは代表的で
曲を聴いているだけで、
カノン進行だなー王道進行だなー
だから主音(曲の中で主人公になる音)はこれだなーとか
この曲らしさはここがどう違うからだよなー

みたいなことが分かるようになります。

これは知識なくして読み解くことは不可能です。

もしかしたらナチュラル天才みたいな人は
自分の脳内だけで分かってるかもしれませんが、
言語化して共有できるのが知識であり学問です。

 

世界の見える化計画なんて
佐々木の自己満足だろと思うかもですが

僕は自分が理解した体系を
他の人にも見せてあげられればと思ってるので

個人的には自分だけ感覚で分かってる状態では
まだまだ足りないと考えてます。

 

声楽の理論も面白くて、
(オペラ系ではなくポップス系です)
なぜ腹式呼吸が必要なのか
表声と裏声の出し方について
どうすれば声に角が立たせられるか
逆に角のない声を出せるかとか
そういうのも全て理論体系があります。

どんな練習をすれば、どんな技術を磨けるのかが
しっかりと体系だって存在するんです。

3時間ぶっ通しで歌い続けても
翌日喉が枯れないようにもなります。

ちなみに日本の99%の指導は間違っているそうです。
(なお、格好いい歌い方とか、そういう主観的なものに正解はありません)

僕はスティービーワンダーと共に修行して
海外で流通している本物の発声理論を
日本に持ってきてる人から学んでます。

それを学ぶことで、
この人の発声は今こうなってるな
これだと喉を痛めるなとか分かるようになったりします。

見えない人はただ歌ってるね
という解像度でしかとらえられない。

僕が今まで、
大学で物理や音楽、そしてビジネスにハマったのも
そういう風に見えるようになる感覚が
あったからかもしれないです。

逆にそれまでやってきたスポーツとかは
見える化せずにやって大きな壁を感じました。

野球もバドミントンも、ただがむしゃらにやってて。
その時、見える感覚、わかった感覚はなくて。
だから苦しかったし、歯がゆかったですね。
俺って才能ないんだな、って。

でも今思うのは、体系を知らなかっただけだなと。
できることまだまだやってねぇ!!!って。

見える化できれば、修練を積めば積むほど
詰みあがっていく感覚になります。

見えるってことは東京タワーから地上を見下ろす感覚です。

たとえば地上のある地点から、別の地点に行きたいとしたら
どう行けばいいのか既に見えているので
その見えている道にそって進んでいけばゴールできる
そういう感じ。

じゃあ色々な分野の体系をインストールすると
世界はどんなふうに見えてくるのかな
これがワクワクするって感じがあります。

 

ちなみに今この記事を書いている僕は
最高月収2000万円ですが、

今後は、年収で億の世界を目指しています。

こういう話をすると、
佐々木さんは数字に取りつかれているのでは?とか
まだ月1万、10万、100万くらいの自分たちは
そこまでの覚悟がありませんとか
言われることもあります。

でもそういう話ではないんです。

僕の理念は「世界の見える化計画」です。

そして、年収1000万くらいと
年収億って見えてる世界違います。

それを体感したから億の世界を目指しています。

見えてる世界が違うなーと感じる時は
僕はその世界を知りたいと思っちゃうんですね。

とはいえ興味の方向性はもちろんありますよ。

僕は音楽スポーツあたりは
特に見えるようになりたい
という気持ちが強いです。

特にスポーツはがむしゃらにやって勝てなかったので
心残りがあるというか、もっとできるんじゃないかって。

ただがむしゃらにやるより
ロジックをもとにやって
自分がどこまでの可能性を持ってるのか
見てみたいなとか思うんですね。

スポーツなら筋肉や骨格から考えたり。
あとは勝つ側のマインドセットを知識として入れたり。

人生で悔いがあったりすることに対して
学んだことを駆使して
乗り越えてやりたいってのはありますね。

見える化できるかどうかは
情報があるかないかの違いだけなので。

見えないって不安じゃないですか?
でも見えてることって楽しくないですか?
自分がある程度分かってる時って、
その世界が何かしらの体系で読み解けているから
自信もあるし楽しいです。

 

たとえば僕のお客さんで
パーソナルトレーナー歴30年超の女性がいます。

個人個人の細胞の入れ替わりのサイクルが見えるそうです。
それを元に、いつどのタイミングで食事制限するか
逆にガッツリ食べたりをするといいか、みたいなのを
指導出来る方がいます。

その方にとっては自分の体系にのっとって
見える化、可視化されているということ。
自信も確信も持っています。

ビジネスをするにしても。
これでいいのかなぁ、どうなのかなぁ
と悩んでいるのではなくて
自分の体系にのっとって、OKとかダメだとか
わかるようになってればめちゃいいと思いませんか?

不安よりはよっぽどいいと思います。

 

まずビジネスでお金や時間を手に入れたいなら
どんな形であれ体系をインストールすることですね。

 

もしかしたら
今の理論体系よりも上位のレイヤーで捉えられる
すごい理論体系があるかもしれないですが
結果が出るロジックがあるなら
まず見つけたものをやるのがおすすめです。

たとえば物理の世界だと

古典力学
量子力学

みたいな体系があります。
古典力学ってのは高校で習う物理です。

でも実を言うと
一定の速度以下でしか成り立たない理論です。

それでも、ある程度読み解けるし
ボールを投げたら何秒後にここに行きます。
みたいな未来予測の計算もできる。

だから体系を全く知らないより
持ってた方がいいんです。

で、その体系で学んだうえで
なにか壁を感じたり
より優れた体系に出会ったら
それを学べばいいだけです。

音楽の理論も
昔から提唱されていることは
現代の音楽シーンに当てはまらない事も
多々あるのですが、

もしかしたら今後両者が合わさって
巨大な体系として理解できるようになるかもしれません。

けども今あるやつでも、
ある程度読み解けてるからOKみたいなね。

でも読み解けないのはアウトなわけです。
悔しく感じる。
僕個人的にはですが。

あと自分は研究者体質ではないので
すでにその道にどっぷり浸かって掘り下げまくってる人には敵いません。

なのでそこから学ぶことを意識してますね。

自分で開拓するってよりは、もうあるんだから、それを知ろうよと。

 

あとプライドは捨ててます。

プライドにいい悪いはないけれど
自分の選択肢をせばめるプライドはいらないと思ってます。
お金稼ぐことに対してプライドが発動すると
いつまで経っても自由になれないくて苦しい思いをします。

自分は自分のやり方でやりたいとか思うかもですが
月20万~30万でも自動化できれば人生相当変わるはずです。

僕がもっと上を目指すのは、
それは自分が月100万なり1000万なり稼ぐ仕組みを作れるなら
教える人が20万30万の仕組みを作るのなんて余裕になるからです。

じゃあ先生が20万の仕組みを作ってるから
自分も20万だーってなったら、その先はどうなるんかって話です。

自分が天井に、アッパーにならないように上を広げてます。
そういう人について行きたいって思うんじゃないかなと。
少なくとも僕はそうでしたから。

 

ということで、これが僕の理念である「世界の見える化」の説明になります。

 

あとは僕の過去話なんかも知っていただけると

僕の発信する知識や思考、価値観や

コンテンツの理解も深まりやすいので

僕の幼少からのバックグラウンドや

月2000万稼ぐまでのお話もさせてください。

動画を載せておきます。

動画をみた人からは、

佐々木さんと共通点ばかりでした、なんて声をもらったりしています。

また文章ベースでは追記します。

====================

僕は月収2100万円を25歳にして稼いでいます。

人間関係のストレスも0で、場所にも縛られない働き方を僕は選びました。

満員電車とは無縁どころか、時間を大切にするため移動は基本全部タクシーですし

趣味のギターは時間を忘れて練習に没頭したり、アニメを1日中見る日もあります。

ある時には昼間にふと思い立ち、夕方には帰りのチケットも買わず台湾旅行へ行きました。

1日のスケジュールも立てず気の赴くまま繁華街や観光地を散策したり

高級料理屋も財布を気にすることなく店に入って楽しんで、夜には1回3万円のマッサージで疲れた身体を癒したり

なんて日常を過ごしています。

そんな話を聞くと、なんかコイツめっちゃ怪しいとか思うかもしれません。

お前だから出来たんだろ?とも言われます。

けど元々まったくのビジネス素人でしたし

僕は引っ込み思案で緊張しいで、人前でしゃべる時には心臓バクバクして顔真っ赤になるし

ついでに学歴コンプレックスに悩まされ続ける大学生でした。

そんな僕でも今では自信に満ち溢れて、月収2100万円まで稼げるようになりました。

日常生活でも人間関係が改善したり、ぶっちゃけモテたりもします。

結局、やるべき事を学んでいけばどんな人でも稼げる流れがあるので

やるかやらないかなんですよね。

学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできて

実際に僕の教え子は月10万、100万、300万円と稼いでいます。

僕も全くの0から月収2000万円を超えるまでになりました。

過程を下記の記事で公開しています。

月収2000万になれた佐々木の行動理念

====================

7日間で学べる佐々木先生のメルマガ講座はこちら




※ご入力いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。第三者への共有や貸出し、売却等は決して行いません。

※メール講座は不要だと思ったら、いつでもメール講座で届くメール本文の最下部より解除ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です