思い立ったら即日、台北。考えすぎな自分を変えたくて。

佐々木です。

 

台湾(台北)に行くことになりました。
今日決めて今日。

 

そんで今、飛行機乗りながら
カタカタ文章書いてるわけです。

 

台北行きまーすって、
ちょこっとメルマガで書いたんですが、
結構反応があって、

 

「いやー、やっぱり即日で
 海外とか行ける生活したいですー!」

「え?急にどうしたんですか?」

 

とか言われたりして。

 

まぁ確かになー

 

とは思うんですが、

 

僕が伝えたいのは
「そこじゃない」
です。

 

 

僕の心情をもっと正確に描写すると、

 

「そこじゃないんだよなぁ~~~~~~~~」

 

っていう感じ。

 

 

そういう熱量があったから、
今レポート書いてます。

 

「なんで今回僕がこういう選択をしたのか」

とか、

「その選択で何が得られたのか」

とか、

 

そういうこと見ていってください。

佐々木と海外旅行の話。

海外旅行したのはこれまで4回。
今回で5回目。

 

1回目:シンガポール(2014)
一人、一週間くらい

 

2回目:スペイン・イタリア(2018)
仲間大勢とツアー、10日くらい

 

3回目:パラオ(2019)
仲間と3人、4日くらい

 

4回目:フランス・イタリア(2019)
仲間大勢とツアー、10日くらい

 

で、

 

5回目:台湾(台北)
一人、日数未定

 

こういう感じです。

 

英語は大学受験で勉強した
頭でっかちな知識はあります。

 

ただ、実際しゃべるとなると、
ほぼノリですね。

 

海外は行くと楽しいけど、
最近は人に連れてってもらうばかりで
超ラクでした。

 

元旅行会社の方が
事細かに手配してくれたり、

 

現地にいる日本人の知り合いが
色々歓迎してくれたり。

 

だから一人で行くってなると
エネルギーいるんですよねー。

 

あっち着くと楽しめるのは
知ってるんだけど。

 

佐々木はおそらく50回くらい
選択肢をぐるぐるして迷いました。

 

で、行くことにした。

 

なぜか?

 

「このままじゃ、
 ほんっと、つまらん人間だな」

 

って思ったから。

当日の昼頃。こんなツイートをみたんです。

 

【台北まで6750円とかで行けるみたい。
行ってみると面白いかもよ。】

 

ツイートしてたのは、
年で億単位の利益を出してる起業家の方。

 

有難いことに最近、
実際にお会い出来たりもして、
お世話になってました。

 

 

これ見た僕の反応はこうです。

 

 ↓↓↓↓

 

おー。なんか面白そう。ビジネスの大先輩が言ってるし、行ってみよかな。すぐ行きます!って行動するとかネタになるし。→んじゃいつ行く?→安いのは月曜だな。ってか今日。でも明日コンサルの通話とか入ってるし来週にしたとして、また予定入ってるし~~~。うーーーん。てか帰りはいつにしよ?え、帰りの航空券高くね。行きの3倍くらい。荷物多いと追加料金もあるんー?そうなんかーー。っていうか、Jetstarより他の方が安いんじゃね?比較サイト開く→行きも別日がいいかなぁ。あーだこーだ悩む。てかあっち寒いんかな。ベストシーズンとかあるん?へー日本よりはちょっとあったかいんねー。一人だし治安とかどうかなー。ほうほうー。てか海外なら台北じゃなくてもいいよね。ほかハワイとか。まぁ国内でもありだよねー。あー、疲れた、今何時?あ、なんか1時間くらい経ってる・・・。

 

 

「ってつまらん人間だな俺!!!」

 

 

あかんあかん。こいつヤバいよ。

 

はい、もう今日行きましょう。
今日行かなかったら絶対行かないやーつ。

 

明日の通話も現地ですればいいよ、別に。

 

帰りのチケット?
面倒だしあっちで買おね。

 

結局台北でいいのかって?
いや、別に場所が問題じゃないんだよこれは。

 

うーーーむ、改めてわかった。

 

 

今回の目的は、

 

格安で行くことでもない。

 

この時代、
こんなに安く行けるんだぜ!
あとは行動力だけだぜ!

 

とか見せたいわけでもない。

 

 

このつまらん自分のマインドをどうにかすること。

 

 

これだーーーー。

 

 

なんでも立ち止まって比較検討。

自分よりも実力ある人の
言葉を聞いても比較検討。

 

 

これって素直ですか?

 

 

素直じゃねぇなぁ~~~~~。

 

 

僕ってよく、教えてる人に対して

「結果出したいなら素直にやりましょうよ」

とか言うけど、

 

全然自分が自己流かましとるやん。

 

 

しょーもなーーーー。

 

 

いや、
今のレベルで止まってていいなら、
OKだと思うよ。

 

 

けどさ、
自分はもっと成長したいわけですよ。

 

 

上には上がいるし。

 

もうね、

 

「いやーこの人すげえなぁ!!」
「なんすかその経験www
面白すぎるwww」

 

そんな風に思う人と出会ったりすると、
自分なんて全然なわけ。

 

 

自信無くしてるとかじゃなくて、
そういう世界を見ちゃったわけ。

 

いや燃えますよ、これ。

 

まだまだ全然面白い世界があるぞーーー!!
って。

 

 

僕はね、
結構キレイにやりたがるんですよね。

 

これ、マジ要注意です。

 

全部分かったうえで、
ベストな状態で動きたい、みたいな。

 

遅い遅い!!
時間かかりすぎでーーーす!!!

 

 

時間は有限ですよ。

 

ちょこっとでもいいから、
すぐ動いてみようぜーーーーーー

 

それに自分より年下でも、
同年代でも、
一つ二つ上の人でも、

「俺何やってたん?」

って思うくらい
濃い時間過ごしてる人全然いるから。

 

今の自分のままでいたら
どんどん差つきまっせ。

 

まず一生追い付けんわな。

 

 

だからそもそものところから、変えて行こう。

 

そのきっかけが今日なわけだ。

 

 

であるからこそ思う。

 

「何かあったんですか?」
じゃない。

何かあったから、
この選択をするんじゃない。

 

この選択をすることで、
自分の中で何か起こる。変わる。

 

そういう感覚。

 

変えるために、
台湾行くことにしたんです。

 

今のこの飛行機乗るって決めた時点で、
もう一皮むけてます。
自分で言うのもなんだけど。

 

 

結局は、枠を広げるべきだなって。

 

人間、いつの間にか制限をかけてる。

 

 

楽な方に楽な方に流されていく。
居心地の良いところに居たがる。

 

「人生をコントロールする力を付けようぜ!」

とか

「ビジネスの世界で色んな経験値積んでます!」

みたいに見せてるわりに、

 

旅行する時はトモダチと一緒がいい~
とかダサ。

 

結局案内してもらってるだけやん。
一人で行くとなると不安なんじゃん。

 

この前、知り合いの先輩起業家の方で

バイクで日本一周してるのとかは、
正直シビれた。

かっけえなーーーー。

佐々木にもアツい時がありました

いやいや、自分にもあったやん。

 

大学2年の頃。
一人でシンガポール行った俺を見習えよ。

 

お前、昔を思い出せよ!!!(松岡修造)

 

あれは懐かしい。

 

成人式で久々に会った女の子がいて。

 

まともに話したの、
小学校以来じゃね?
みたいな。

 

なんか小学校の時仲良くってね。
一緒に帰ったり遊んだりしてた。

 

まぁ大学にもなると
結構キレイになってましたわ。

 

ただ、あまりに久々だったもんで、
ビビりながら声掛けたわー。

 

「よー!久しぶり!」
とか言って。

 

写真撮って。

 

そんで写真あげるからとか言って
LINE交換して。
青春か。

 

そのあと、
自分からデート誘ったりしたわー。

 

当日は緊張して
全然アカンかったけどねw

 

飯食ってる時に、
そいつが留学したーとか、
シンガポール行ったーとか言っててさ。

 

帰ってから、
もう特に話すことなかったから、
なんか話題作ったろとか思って。

 

そんで行くことにしたんだよねー。
シンガポール。

 

で、友達誘って行くことにして、
みんな乗り気だったんだけど、
日程合わなくてお流れ。

 

いやでもどうしても行きたくて。

 

なんか、衝動というか、
熱量があったんだよね。

 

それが消えちゃったら
なんか勿体ないというか、
あーあって感じになりそうで。

 

だからパスポートも持ってなかったし、
シンガポールのこと何も知らないし、

 

みたいな状態だったけど

 

行くことにしたよね。

 

 

周りにも色々言われた。
特に家族とか。

 

「え????どうしたの急に????」

 

みたいな。

 

理由なんか言うわけないよねー。
行きたいから行く、って言っただけ。

20歳の佐々木。シンガポールでの話

大変なこともあったけど、
実際、シンガポールは楽しかった。

 

現地で

 

「よう!迷子かい坊主!(英語)」

 

とかウェイターに心配されて、
いや、一人。って言ったら

 

「NO kidding!!」とか笑われたり。

 

とりあえずマーライオン見とくかー
ってなって、

 

一人で自撮りしてたら
外国のおっさんに話しかけられて。
写真撮り合いっこして。

 

俺は~~から来たんだがな・・・

 

みたいに語られたり。
もうどこからかは覚えてない。笑

 

マリーナベイサンズあたりにある
1周で30分くらいかかる観覧車
があるんだけど、それ乗ったり。

 

スタッフに

「一人?アーユーオーケー?」

みたいに心配そうに言われたり。笑

 

そいえば30分長くて、
途中で飽きて、
観覧車で音楽流してカラオケしてたなww

 

戻ってきた時にスタッフ達が

「おかえりーーー!!」

って歓迎してくれて
嬉しかったのも覚えてる。

 

あとは、当時スマホだったけど
Wifiとか持っていかなかったから、

外ではガイドブックみたいの
見て歩いてたんだけど、

 

「なんか遠くからドラムの音する!!!!」

 

って思って。

 

大学で軽音サークルだったから、
なんかそっち行ってみよ!!
とかノリで歩いて行ったり。

 

それまでバスドラムくらいしか
聞こえなかったんだけど、

近づくにつれて高音部分も
聞こえるようになってきて。

 

これ間違いなくライブじゃん!!!

 

ってワクワクしながら駆け足になって。

 

そしたら野外のライブステージで無料のライブやってて。

 

 

うぉぉぉぉぉーーーーーーー!!!!!

 

 

1ミリも知らない
バンド達だったんだけど、
すっごい格好良かった。

 

We are なんちゃらかんちゃら~~
(マレーシアのクアラルンプール
から来たバンドです!)

 

とか言ってて。

 

どこそれ、
知らねぇ~~~~ww

 

とか思いつつ。

 

終わった後にCD買ったんだけど、
一つのバンドはめちゃめちゃ好きで、
未だに聴いてるなぁ。

 

An Honest Mistake
っていうパンクロックバンド。
おすすめ。

 

 

あ、その時も自分の殻を破る経験した。

 

野外のライブだったから、
終わった後にその辺で
アーティストが片付けしてて。

 

え、さっき演奏してた人達じゃん、って。

 

どうしよ。え。声掛けよかな。

 

なんって言えばいいんだ?
やべー。わかんね。
っていうか何を伝えればいいんだ?

 

話しかけようかなー
話しかけないかなー

話しかけたいなー
でもなーーーー

 ↑

これで10分以上経過。

 

でもこれ逃したら次いつよ。
絶対ないんだよな~~~

 

ってかこれ、
話のネタとしてどう?

 

話しかけたかったんだけど、
無理だったんだよ~~~

 

そんなの聞いておもろい?

 

あとで絶対後悔しない?これ。

 

「あの時話しかけておけば・・・・」

 

はい、確実になりますね。
想像しただけでも寒気した。

 

俺の人生史にそんなん残すの、
絶対嫌だわ。

 

もう知らん。
とりまGO!!!!!

 

「ハーーイ!!!▲□●×~~~~」

 

って適当な英語で話しかけて。

 

そしたら

 

うぉ~~どうしたよボーイ!

 

って感じで相手もノッて来てくれて。

 

日本人?どこから来たの?
俺この前、Kyoto行ったよ!

Kyotoマジかー!!
そうだ!
俺、ギタリストなんっすーーー!!

今日の演奏マジ良かった!!
グレイト!!!

ギター回しも
迫力すごかったーー!!!

ほんっと良くって、
CDも買ったよ~~~!

俺が日本で演奏して広めるわ!!!

 

おーCD買ってくれたのかーー!!
ほらみんな!!!こっち来いよ!!!!
CDにサインしようぜ!!

 

俺、ダレンっていうんだー。
私は~~。(忘れた)
俺は○○、ありがとなー。(忘れた)

 

ってなって、
メンバー全員のサインを
CDにもらった。

 

ボーカルの人だけ名前聞き返したから
まだ覚えてるんだよね。

 

「俺、ダレン!」

「え?」

「ダレン(めっちゃいい発音)」

「Oh,ダレン!!(発音適当)」

 

ってね。

 

 

あとは寺院に行ってみたり。

 

やっすい市場で一人で飯食ったり。

 

雑貨屋の日本語喋れる店員さんに
変なカーペット買わされそうになったり。

 

なんか高級そうなショッピングモール散策したり。

 

あとナイトサファリとかも
首にヘビ巻いたりしたし
動物たちもかわいかった。

 

初日にホテルのセキュリティロッカーが
なぜかぶっ壊れて、

鳴り続けてOh,NO!ってなったけど
英語でなんて言えばいいのか
わからなくて困ったこともあったなー。

 

どれもいい思い出。

 

帰ってから、
友達とかバイト先の人とかからも

「どうだったー!?」

とか、

「何で行ったのー??」

とか。(みんなそこ気になるんなw)

 

そんで色々話すネタが出来たりもした。

行動しろ!って言いたいんじゃない。自分の殻を破るために。

自分は特に頭で考えてから
動くタイプなんだけど、

 

わざとバカになって動くと
刺激的なんですわ。

 

無茶振りの体験ばっかりで、
成長もするし。

 

 

だから今回も
ちょっとバカになるというか、

 

逆側に寄せる感じ。

 

うーん、もっと正確に言うと、

 

 

いざ比較検討!
ちょっと待てよ…?

 

ばっかり浮かぶ
考えたがりなアタマを、

 

「あーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」

 

って大きな声で遮って、
行動する感じ。

 

 

これやったほうがいいよー。
って信頼してる人に言われたなら

 

ウダウダ考えないでやると
時間が大幅に短縮されるし
無駄な疲労感もなくなる。

 

むしろどんどん動けて爽快。

 

 

もちろん色々起こりました。

 

・そしたら今日中に
読者さんへの
イタリアのプレゼント送らなきゃ。

 

・21時に送るメルマガも
書かなきゃ。

→でも移動もしなきゃだから
移動しながら書くか

 

・先にオンラインで
チェックインしとこー。

→旅券番号聞かれる

→あ、海外だからパスポートいるやん。
パスポートどこ?

(これはマジで危なかった)

 

で、23時の飛行機だったから、
22時くらいに空港着いた。

 

・あ、Wifiねえわ

→当日レンタルも夜だから閉まってる。
オワタ。

 ま、あっちでなんとかしよう~~

 

知り合いに連絡して
台湾の情報とか集めてたら、

 

有難いことに先輩起業家から、
台湾のここ行っとけリストみたいなの
教えてもらったりもして、

 

「うぉおおお神かーーーーー!!!」

 

って人とのつながりに
感謝、感動したり。

 

知っとくべきこととして
「台湾は現金ある方がいい」
みたいなのも書いてくれてて、

 

あ、現地で現金いるんだ。
そしたら両替してかなきゃ

→っていうか通貨なに?

→へえ、台湾ドル。
台北って台湾なんだw

ってなったり。

 

そんで飛行機の中では

・あ、ホテルとってねえわ~~

とか思ってるわけです。現在進行形でね。

 

 

でも全然いい。
なんかワクワクするし。

 

全部上手くやろうとしなくて
いいんだなー。

 

それでもなんとかなるし。

 

自分は動く前に考えてばかり
だからこそ、

そういう感覚を
刷り込まなきゃいけないから。

 

ちょっとビジネスの話になるけど

 

月100万レベルでも、
さらには月1000万レベルでも、

 

変な自己流とか要らないんだよねー。

 

 

この前、
年収3~4億を年30時間労働とかで
稼いでる方(台北ツイートの方)

 

お話した時に、
それ感じた。

 

その人の教え子で、
月数100万くらいを自動化してる人の
取り組みとか見たんだけど、

 

ガッツリ先生を真似てるわけ。
いい意味で。

 

自分の変なプライドとか置いといて、
やるべきことを
しっかりやってるわけね。

 

前までの自分だったら、

 

うわー、
これ○○さんのパクリやんな~

 

とか思ってたりしたんだけど、

 

実際小さい数字のところで
あーだこーだやってる自分より

 

全然上のステージの世界
見てるんですよ。

 

実店舗のビジネス立ち上げて
成功されてたりね。

 

今教えてるブログも
確かに奥は深いんだけど、

 

ビジネス全体として見たら
ブログは単なる人集めの手段
でしかなくて。

 

目的じゃないわけ。

 

だから狭いところで
ガチャガチャやってるのは

 

ステージ低いぞと
僕自身に対して思ってます。

 

世界瀬真子さんですよ。

 

まぁそんなわけで。

 

 

なにかにつけて比較検討
ベストアンサー探しすぎて
動くの遅すぎおじさん

 

だった僕が、
そこから変わるために動いてみた話。

 

考えすぎな自分の思考を遮断して、
動いてみた話。

 

台湾でも面白いことが待ってそうです。

 

熱量も収まってきたので、
レポートここまで。

 

結構感情的に書いたので、

 

ここまで読んでたら、
何か感じる部分もあったと思います。

 

ぜひ感想くださいな。喜びます。

(台湾レポートの感想、って書いてもらえれば、メールでもわかります)

====================

僕は小さいころから、世間一般に良く思われるような人生の選択をしてきました。

いい大学行って、まともそうな企業に勤めて・・・

皆さんもそういう人生を聞くと、『理想的だな』とか思うかもしれないんですが、

僕の中では疑問がありました。

自分の力では1円も稼げず、会社の歯車でせこせこ働かないといけない労働者。

上司や先輩を見て、このまま会社で40年とか働いて人生を終えると思うと、

『自分の人生って、何のためにあるの?』

『本当にこのままでいいのかな』

と思うようになって、毎日その疑問と戦いながら通勤して、働いてました。

20数年生きてきて、他人に評価されるために人生の選択してきて、

今後40年くらい定年までずっと他人の目を気にして生きていく・・・・

そんなの胸を張って『自分の人生』って言えないなと思って、ビジネスに本気で取り組むようになりました。

初めて2か月くらいで月に1万円、そこから5万円、15万円って稼ぎが出るようになって、

今では独立して月に140万円超の収益を上げたりしてますが、

そこに至るまでの僕のリアルな人生を、ストーリーにしてメールでお届けしてます。

僕の会社は安定を求めてる人ばっかりなので、10年に一度くらいしか独立する人がいないらしく、

だいぶ異端児みたいなので、読者の方からは『世界の見え方が変わりました』ってよく言ってもらってます。

あと僕がここに至るまでの道筋をロードマップにして無料でプレゼントしてるので、

今の人生に疑問を感じてる方は是非手に取ってみてください。

→メルマガ登録プレゼントの詳細はこちらをタップ!

1 個のコメント

  • ヒラヤマハルコ にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です