「男子ちゃんと歌って!」タイプの人間は成功しない

「男子ちゃんと歌って!!」

「なんで私はこんなに言ってるのに協力してくれないの・・・」

 

ファーーーwwあるあるキターーww

 

中学校とか、高校で

合唱コンクールってありましたよね。

 

本番に向けて、練習があるわけだけど、

 

頑張って歌う練習する人もいれば、
さぼったり歌わない人もいるよね。

 

それで、例の名言が出るわけだw

 

あなたがそのとき、

言う側だったか、言われる側だったかは

置いといて、

 

こと、ビジネスにおいて、

「男子ちゃんと歌って!」

をやる人は、成功できない

 

っていう話。

 

「いや、よくわからんけど自分は大丈夫ww」

 

っていう人も、

合唱コンクールではやらなくても、

ビジネスになると無自覚でやってること、あるよ。

 

この記事を読んで自覚するところがあったら、

あなたの今後の成功のためにも修正しよう。

 

コントロールできるものと、コントロールできないもの

 

あなたが人生で出会う問題は、

2種類に分けられる。

 

1つは、

<自分の意思でコントロールできる問題>

 

もう1つは、

<自分の意思でコントロールできない問題>

 

 

冒頭の、「男子ちゃんと歌って!!」

は、後者のコントロールできないほう。

 

つまるところ、

「歌わない人を歌わせたい」

っていう問題だけど、これを解決するには、

 

「歌わない人が」、歌う必要がある。

 

つまり、あなたの意思だけではどうにもならない、

コントロールできない問題。

 

 

自分の意思でコントロールできる問題っていうのは、

・朝早く起きて歌を練習する時間を作る

・歌詞を覚えるために毎日音読する

とか。(また合唱の話にw)

 

自分の意志で、選べること。

 

今の例からも明らかなことだけど、

「コントロールできない問題」

を解決するのは、

「コントロールできる問題」

に比べて、すごくエネルギーがいるよね。

 

なぜかというと、今の例なら、

 

学校のクラスに人が集められているのは

一致団結するためでも、
合唱コンクールで優勝するためでもないから。

 

コントロールが難しいのは当然だよね。

 

全員が同じ目標に向かって頑張る~

みたいなのは、そういう前提を考えると、

正直目標にすること自体疑っていいと思う・・・

 

で、少し話を戻して、

ビジネスでこれをやったらアウトって話をしていく。

 

ビジネスでは問題を混同したら挫折する

 

重要なことは、

2種類の問題を混同しないこと。

 

今自分が直面しているのは、

 

コントロールできる問題なのか

コントロールできない問題なのか、

 

はっきりと認識したうえで、

その問題に向き合うことが重要。

 

なんでこんなこと言うかって?

それは簡単。

 

 

あなたがビジネスに挫折するから。

 

合唱コンクールでこんな風景、よく見るよね。

⇓⇓⇓

「男子ちゃんと歌って!!」

 

⇒ 男子歌わない

 

⇒「なんで私はこんなに言ってるのに協力してくれないの・・・」(泣)

 

たとえばこれを、ビジネス(副業)の場合で見てみると。

 

家だと家族が話す声がきになり、副業に集中できない

 

⇒家族が協力的じゃない!こんな環境じゃ副業は難しいよ・・・

 

⇒副業(ビジネス)辞める

 

こんな感じで、挫折していくんだよね。

相手は、自分の意志だけじゃコントロールできない問題なのに。

 

合唱コンクールの例なら、

「なんで私はこんなに言ってるのに協力してくれないの・・・」(泣)

って言っている時点で、

 

「自分がコントロールできる問題だ」

って思いこんじゃってる。

 

副業の例なら、

「家族が協力的じゃない!」

「こんな環境じゃ副業は難しいよ・・・」

っていうのもそう。

 

家族が協力的になることを、

「自分がコントロールできること」

って思い込んでるから、不満に思う。

 

 

じゃあコントロールできる問題と、できない問題には

どのように向き合うべきか。

 

次で説明していく。

 

問題に対する向き合い方の3ステップ

自分が直面した問題への向き合い方を

3ステップで解説していく。

第1ステップ

はじめに、今直面している問題について、

  • 自分がコントロール可能な部分
  • 自分がコントロール不可能な部分

を考える。

 

たとえば、

「家にいると家族の話す声が気になる」なら、

  • 家族の話す声の大きさ
  • 自分が家族の声を気になること

を、コントロールするのは難しい。

 

しかし、考えてみれば、

  • 自分が副業・ビジネスをやる場所
  • 自宅で作業する時間帯

などは、自分の力でコントロールが可能だと気づけるはず。

 

そういう風に、自分が直面している問題について、

コントロールできること、できないことを考えて、仕分ける。

 

第2ステップ

第二に、自分がコントロールできる問題に対して、

重点的に対応していく。

(それは、結果に直結する行動になる。)

 

今の例なら、場所は自分でコントロールできるのだから、

副業をするときは、集中を削がれる自宅ではなく、

静かなカフェなどを選んで作業をするようにする。

 

その他、家族が寝静まっている時間に作業をするというのも、

コントロールできる部分に対応する一例だ。

 

第3ステップ

第三に、自分がコントロールできない問題については、

気楽に構える。

 

ビジネスなら、初心者のうちは、自分のコントロールできる部分を

やるだけでも、月10万円は稼げる。

 

そのうち、レベルアップしていき、

自分の力だけではコントロールできない問題を

解決したいと思うっていうなら、挑戦してもいい。

 

ただし、それで悩んで精神的に病んでしまうこと

だけには、気を付けてほしい。

 

だからこそ、第2ステップの、

コントロールできる部分の対応は必ずしっかりとやり、

「自分ができることは、やっているのだ」

という固い自負をもって、

コントロール出来ない問題に動じない心を作る。

 

副業をすること、ビジネスをすることって、

挫折せずに続けていくことが大事。

 

ほとんどの人が継続できず、結局やめちゃうからね。

 

継続できない理由の1つには、

「コントロールできない部分に悩んでしまうこと」

があると思う。

 

だから、あなたには、

  1. 直面した問題のコントロール可否を認識し、
  2. 自分のコントロールできることに注力し、問題解決に努め、
  3. コントロールできない問題には、気楽に構え、悩まないようにする。

ということをやってほしい。

 

これができれば、ビジネスではほとんど成功したようなもの。

 

間違っても、

「男子ちゃんと歌って!!」

みたくコントロールできない部分にこだわり、

精神崩壊しないように。

 

さっき教えた3ステップを使って、うまく問題に向き合い、

是非成功をつかんでほしい。

 

【実録】他人の人生を生きてた新卒銀行員の僕がビジネスで人生変えた物語

僕は小さいころから、世間一般に良く思われるような人生の選択をしてきました。

いい大学行って、超有名銀行に勤めて・・・

皆さんもそういう人生を聞くと、『理想的だな』とか思うかもしれないんですが、

僕の中では疑問がありました。

自分の力では1円も稼げず、会社の歯車でせこせこ働かないといけない労働者。

上司や先輩を見て、このまま会社で40年とか働いて人生を終えると思うと、

『自分の人生って、何のためにあるの?』

『本当にこのままでいいのかな』

と思うようになって、毎日その疑問と戦いながら通勤して、働いてました。

20数年生きてきて、他人に評価されるために人生の選択してきて、

今後40年くらい定年までずっと他人の目を気にして生きていく・・・・

そんなの胸を張って『自分の人生』って言えないなと思って、ビジネスに本気で取り組むようになりました。

初めて2か月くらいで月に1万円、そこから5万円、15万円って稼ぎが出るようになって、

今では独立して月に90万円の収益を上げたりしてますが、

そこに至るまでの僕のリアルな人生を、ストーリーにしてメールでお届けしてます。

僕の会社は安定を求めてる人ばっかりなので、10年に一度くらいしか独立する人がいないらしく、

だいぶ異端児みたいなので、読者の方からは『世界の見え方が変わりました』ってよく言ってもらってます。

あと僕がここに至るまでの道筋をロードマップにして無料でプレゼントしてるので、

今の人生に疑問を感じてる方は是非手に取ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です