行動するのにやる気はいらない

「やる気を出すいい方法ないかな・・・」

と、やる気が出ないことに悩んでいるあなた。

 

もしかして、

「行動するにはやる気が必要」

って思いこんでません?

 

僕も昔、

「どうすれば行動できるようになるか」

ということに悩んで、やる気を出す方法を

探していた時がある。

 

でも、今はこう思っている。

 

「行動するときに、いちいちやる気なんていらない」

 

と。

 

今日の記事では、

「行動にやる気がいらない理由」と、

「行動できないあなたがすべきこと」を書いていく。

 

やる気がない状態でいい

 

僕は、やる気がない状態でもいいと思っている。

 

むしろ、やる気を出すと弊害がある。続かない。

 

たとえば、新卒で会社に就職した最初のうちは、

「憧れの会社で働ける!この会社に貢献するぞ!」

みたいなキラキラしたやる気をみんな持っている。

 

しかし、大体1週間くらいすると、「マジ会社キツイわ~」

「明日月曜?憂鬱だわ~」みたいに戻る。

 

また、やる気が無くても日常的にできていることはたくさんある。

歯磨きだってそう。

 

「よし!今日も歯をきれいにしちゃうぞ!」

 

なんて思わないでしょ。

 

まぁ、始めたてのときはストレスになることってあるね。

 

でも、ストレスを乗り越えた先には、めっちゃラクな世界がまっている。それが「習慣化」の力だ。

 

ストレスを乗り越えるには、ある感情を使うといい。

(実は答えは冒頭に・・・)

 

やる気よりも必要な・・・

 

これから話す「やる気よりも必要な〇〇〇」

についてのクイズです。

 

サラリーマンが毎日ちゃんと出勤できるのはなぜでしょう?

 

これを考えると、人間の性質がよくわかります。

90%以上の人が、

「毎日出勤しないと生活のための給料がもらえない」

「定時に出勤しないと職場の人から疎まれる」

「遅刻休暇ばかりだと家族から不信に思われる」

「社会不適合者だと思われたくない」

 

などなど、

「出勤しなければ~〇〇」

という気持ちで会社に向かっている。

 

(お!会社の時間だ!始業が楽しみだな~

なんて人はいない)

 

それはつまるところ、

「危機感」

だと思う。

 

「やる気」

ではない。

 

科学的にも、人間は

「~したい」

「~になりたい」

という気持ちよりも、

「~したくない」

「~になりたくない」

という気持ちの方が強く、

行動につながるということが分かっている。

 

ちなみに、ほとんどの人が夢をあきらめて堅実に会社員になるのは、

夢を追って、成功 ⇒ 最高!

よりも、

夢を追って、失敗 ⇒ 人生オワタ

の方が、強烈に感じるためである。

 

 

ということで、

あなたが手っ取り早く行動したいなら、

「危機感」

を持つといい。

 

持つ方法はいくつか紹介する。

  1. 危機を感じる環境に身を置く
  2. なりたくない未来を直視する

① 危機を感じる環境に身を置く

受験における塾とかがわかりやすい例だ。

受験って、自分との闘い!

みたいに言う人もいるけど、

塾に通うと、実際毎日何時間も勉強している人がこんなにたくさんいるんだ・・・

という現実を目の当たりにする。

 

勉強量を自分と比較して、

 

あれ?このままのペースでやってると俺

合格できないんじゃないか・・・

 

という危機感を持ち、勉強(=行動)に励むようになる。

 

模試(模擬試験)と呼ばれるものも、

自分の学力をはかる意味もあるが、

志望校を受験する人のうち、自分はどれくらいの位置にいるか。

 

こういう周囲を意識することで、より行動が促される。

 

もしビジネスをやるなら、

同じように稼ぐためにビジネスを実践して、

どんどん行動するような人が集まるコミュニティに入るのも手だろう。

 

僕も、月収100万円~1000万円の実績をもつビジネス仲間に

刺激をうけながら、今日もビジネスを実践している。

 

成功者のスピードを肌で感じて、その危機感が自分の行動につながっている。

②なりたくない未来を直視する

先ほど紹介したビジネスコミュニティで、

自分が実践して効果のあったものを紹介する。

(つい一昨日の話)

 

これは、なりたくない未来を目の当たりにして、

「こうなったらヤバくね?」

と危機を持つということだ。

 

具体的には、

僕は「高齢者の貧困に関するビデオ」を見た。

 

詳しくは別の記事でアウトプットしようと思うが、

 

現役時代に年収1000万円あった会社員も、

老後にいくつかの要素が重なるとすぐに貧困してしまうという

現実を知った。

 

老後のために2000万円とか貯蓄があっても、

離婚して一人身になって年金が減り、

認知症をわずらい、

詐欺にあって助けてくれる人もおらず、

貯蓄を失った人が紹介されていた。

 

こうなったら、いくら貯めていても、

身内に資金援助してもらうか、

自分で稼ぎ直せる力がないとアウトだ。

 

そうでなければ生活保護をうけるしかない。

 

詐欺以外でも、

病気になって治療費にお金を使う必要が

出てくることだって考えてみれば当然ある。

 

なんとなく、

現役時にしっかり貯蓄しておけば大丈夫、

なんて考えがちだと思うが、

それは安易すぎるということだ。

 

今のうちに、

貯蓄がなくなっても稼げるようにするとか、

年金以外に自動で収入が入る仕組みを作るとか、

困ったとき、自分のことを助けてくれるような

人間関係を作っておくとか。

 

そういうことの必要性を、ひしひしと感じた。

 

これが危機感だ。

 

まとめ

今日は、

行動するのにやる気が必要ない

ということについて話した。

 

あなたは、やる気を出す方法を探す必要はない。

先ほど紹介した方法で、「危機感」を持とう。

 

それこそが人間を行動させる強い感情だ。

 

【実録】他人の人生を生きてた新卒銀行員の僕がビジネスで人生変えた物語

僕は小さいころから、世間一般に良く思われるような人生の選択をしてきました。

いい大学行って、超有名銀行に勤めて・・・

皆さんもそういう人生を聞くと、『理想的だな』とか思うかもしれないんですが、

僕の中では疑問がありました。

自分の力では1円も稼げず、会社の歯車でせこせこ働かないといけない労働者。

上司や先輩を見て、このまま会社で40年とか働いて人生を終えると思うと、

『自分の人生って、何のためにあるの?』

『本当にこのままでいいのかな』

と思うようになって、毎日その疑問と戦いながら通勤して、働いてました。

20数年生きてきて、他人に評価されるために人生の選択してきて、

今後40年くらい定年までずっと他人の目を気にして生きていく・・・・

そんなの胸を張って『自分の人生』って言えないなと思って、ビジネスに本気で取り組むようになりました。

初めて2か月くらいで月に1万円、そこから5万円、15万円って稼ぎが出るようになって、

今では独立して月に90万円の収益を上げたりしてますが、

そこに至るまでの僕のリアルな人生を、ストーリーにしてメールでお届けしてます。

僕の会社は安定を求めてる人ばっかりなので、10年に一度くらいしか独立する人がいないらしく、

だいぶ異端児みたいなので、読者の方からは『世界の見え方が変わりました』ってよく言ってもらってます。

あと僕がここに至るまでの道筋をロードマップにして無料でプレゼントしてるので、

今の人生に疑問を感じてる方は是非手に取ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です