学校の宿題で答えを写してた人はビジネスのセンスがある

「宿題の答えを写すのは意味ない」

「問題は、自分の頭で考えるからこそ意味がある」

 

いやあ、こういう人、よくいますよね。

 

僕はね、

「学校で宿題の答えを写す」

のは、全然いいと思いますよ。

 

むしろ、それ出来る人は、

ビジネスのセンスがあるんじゃないかな。

 

今日は、この記事の中で

僕が誰にも話していない、

「僕の考え方のコアになっている部分」を、

暴露していく。

宿題の答えを写したっていい

 

宿題って学校に通ってたら絶対ありますよね。

 

でもあれ、教師の自己満足じゃないですか。

 

生徒の

「宿題かよ・・・」

って顔がみたいんですかね。

 

少なくとも、

「宿題かよ・・・」

ってならないように、

目的を伝えて意義付けするべきですよ。

 

あと、宿題のしょうもないところは、

「自力で解く美徳」

みたいなのを押し付けてくること。

 

 

でも、考えてみてくださいよ。

僕らはなんで勉強するんですかね?

 

「自分の頭で考える力をつけるため」

ですか?

 

これってなんかもっともらしいけど、

大学受験レベルだったら、

これは間違ってるでしょ。

 

 

 

大学受験の問題ってどれも、

  • 問題
  • 答え
  • 答えに至る考え方

がありますよね。

 

つまり、僕らに求められてるのは、

 

「基本となる考え方を使って、

問題の答えを導き出すこと」

 

なんですよ。

 

どこにも、

「あなたが0から答えを作り出す力」

なんて求められてないんですよ。

 

 

ましてや学校の、

「問題集を何ページ解いてこい!」

みたいな適当な宿題に対して、

自力で解く苦労をすることは、

無駄だと思ってましたね。

 

僕の高校時代

 

僕は高校の時、

答え見まくってました。

 

でもこれ、

「戦略として」

やってるんですよ。

 

さっきも言ったように、

大学受験レベルの問題は、

  • 問題
  • 答え
  • 答えに至る考え方

があります。

 

多くの人が、問題集とかをやるときは、

こういう順序でやっています。

  1. 問題を読む
  2. 自力で解く
  3. 答えのマル付け
  4. 答えに至る考え方の確認
  5. (間違ってたら)考え方を暗記
  6. 自力で解けるように練習する

こんな感じですよね。

当然じゃんって思いますか?

 

でも、僕はこうしてました。

  1. 問題読む
  2. 答えに至るまでのやり方を確認
  3. それを覚えて自力で解けるようにする

すっきりしてますねw

これで、人の数倍速く勉強してました。

 

その結果、高校3年のとき、

自分の高校の生徒が全員受けた模試では1位でした。

 

笑っちゃいますよね。

 

多くの人が、

「自力で解く」

ことに時間を浪費しているので、

当然の結果だと思いますが。

 

本当に時間をかけるべきは、

本番(テスト)で、

「答えに至る考え方」

を実際に使えるよう練習すること

なんです。

 

あとは、練習の時にも、

 

問題ぱっと見て、

「あ~こうやっておわりだな」

って思ったら、答えみちゃう。

 

それで、やり方あってればOK。

 

まだまだ色々あるけど、

僕は、「答えを見る戦略」で、

結果を出してきました。

 

就職活動も、ビジネスも同じ

さて、高校時代は

「答えを見まくってきた」

わけですが、

 

就職活動も、

同じ考え方で成功してます。

 

ビジネス始めてからもそうですね。

 

就活は割愛しますが(要望があれば考えます)、

ビジネスの話をします。

 

ビジネスでも戦略は同じ。

間違っても、

自分で「稼ぐ方法」を編み出す!

・・・そんなのは絶対やりません。

 

 

さっきの問題集のやり方と同じです。

 

  1. 稼ぎたい
  2. 稼げている人のやり方を知る(答えを見る)
  3. 実際にできるように、練習する

シンプルでいいですね。

 

僕は、③の練習の時は、

実際に稼げている人にコーチしてもらって、

練習していきました。

 

稼ぐノウハウの教材とかもありますが、

問題集みたいに、懇切丁寧な解説が

あるわけじゃないですから。

 

そこは、人に教えてもらうことで、

カバーしていきました。

 

 

結果、ちゃんと稼げてます。

 

受験も、就活も、ビジネスも。

この考え方は、

完全に僕の人生の基盤になってます。

 

最後に

今日は、僕の結構コアな部分の

考え方について、暴露してしまいました。

 

振り返ってみて、昔の僕は、

「答えを見る」

ことを徹底していたなぁと

感心しましたw

 

「こんなやり方ありかよ!!」

って思った方も、

高校時代には戻れませんが、

まだまだこれからも使えます。

 

今日これを読んだ人は、

最速で結果を出すために、

是非パクってやってみてください。

【実録】他人の人生を生きてた新卒銀行員の僕がビジネスで人生変えた物語

僕は小さいころから、世間一般に良く思われるような人生の選択をしてきました。

いい大学行って、超有名銀行に勤めて・・・

皆さんもそういう人生を聞くと、『理想的だな』とか思うかもしれないんですが、

僕の中では疑問がありました。

自分の力では1円も稼げず、会社の歯車でせこせこ働かないといけない労働者。

上司や先輩を見て、このまま会社で40年とか働いて人生を終えると思うと、

『自分の人生って、何のためにあるの?』

『本当にこのままでいいのかな』

と思うようになって、毎日その疑問と戦いながら通勤して、働いてました。

20数年生きてきて、他人に評価されるために人生の選択してきて、

今後40年くらい定年までずっと他人の目を気にして生きていく・・・・

そんなの胸を張って『自分の人生』って言えないなと思って、ビジネスに本気で取り組むようになりました。

初めて2か月くらいで月に1万円、そこから5万円、15万円って稼ぎが出るようになって、

今では独立して月に90万円の収益を上げたりしてますが、

そこに至るまでの僕のリアルな人生を、ストーリーにしてメールでお届けしてます。

僕の会社は安定を求めてる人ばっかりなので、10年に一度くらいしか独立する人がいないらしく、

だいぶ異端児みたいなので、読者の方からは『世界の見え方が変わりました』ってよく言ってもらってます。

あと僕がここに至るまでの道筋をロードマップにして無料でプレゼントしてるので、

今の人生に疑問を感じてる方は是非手に取ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です