資産1億円の作り方を資産数十億持ってる先生に聞いてみた。なぜ資産がたまらないか?

資産数十億、ビジネス歴40年近くで、株式会社4社を経営するA先生。

僕は会社員のころ運よくA先生と出会い、繋がりを得ることが出来た。

その頃はぺーぺーだった僕も、A先生の指導もあり、今では月2000万円を稼ぐまでになった。

このストーリーはそんなA先生から
【資産1億の作り方】
を聞き出していく実話である。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

佐々木
「先生、なんで稼いでる人でも、資産がたまらないんでしょうか?」

先生
「稼いでね、なんで資産たまらないか。

稼いでも稼いでも、半分は税金でもってかれるのが1つの日本のルールだからね。

ここはからくりを理解して手を打たんと資産はできない。

それと一番やっちゃいかんこと。

節税するために無駄な消費をするのが一番まずいね。

佐々木
「やりがちですね」

先生
「佐々木くんたちが法人化したりしたときには、信用を買うつもりで税金を払わないかん。

税理士さんによっては、いや税金払うくらいなら、給料落として経費使ってください。とか言うけど、僕の考え方は違うよ。

はやく信用得た方が、はやくレバレッジがつけられるようになるんだ。

と考えると、3年から5年くらいは、少しでもいいから信用を買ってるというつもりで税金払うってのも必要だね。

先に払って、
後で「赤字でも問題なく金が借りれるようになる」というのが一番と思うね。

最初から、せこせこ小さいことしよったら、やっぱり信用作るのが遅くなる。

そこらへんも分かるか分からないかで全然変わってくるよね。」

 

先生
「みんな1000万くらいのところほど、「節税節税どうしたらいいんですか」と言ってくる。

でも節税するよりも、稼いでね、うまく使った方がいいよ。

それと財務的にわかってない人たちってのは、自己資本を増やしておかないと自力が出来ないよっていうのが分かってないね。

そのために利益出して、自己資本比率上げるっていうことを考えていかないと、その人だけの信用ではどうしても大きくなるのは無理かなと思うね。

だから純資産のところを増やすんですよと言っても・・・

まぁふつうは、純資産?自己資本比率?なんですか?と言われておしまいやねw」

佐々木
「先生が作った「4つの箱」を教えてあげたいですw」

先生
「そうね、小学生でもわかるかモニターして作った、すごい発明やけんね」

「実は経営者のほとんどが、財務わかってなくて、僕にこっそり聞きに来るんだからね。笑」

 

・・・

 

先生
「佐々木くんのSNSとかメルマガ見てる人は、最近どんな人が多いのかな?」

佐々木
「そうですねー。月100万とか年で1000万とか稼いでる人は多いですよ。」

「その中で、法人化してる人も、ようわからんから個人のままの人もいますが。」

「少なくとも一発は稼いだ経験ある人が多く集まってます」

先生
「あ~、じゃあその人たち、こっからが一番むずかしいところやね」

「とりあえず、稼ぐ術が出来たけど、次はそれを永続するってところやね。」

 

佐々木
「そうですね。あ、でも月100万とか勝手にはいってくるからって、あんまり何もやってない人もいますよ」

先生
「それいくつの人?」

佐々木
「20代、30代くらいです」

先生「へぇ」

佐々木
「とはいえ資産1億はまだ見えないって人がほぼほぼです」

先生
「今、月100万はいってくるのと、資産1億あるのは全然違うね」

佐々木
「あと、社会的信用がないのをネックに感じてる人が多いと感じます」

「でも先生は大学もすぐ中退されてますし、そこから今みたいな信用や資産を築かれてるのって、本当に希望だなと思います」

先生
「そうだね。Tシャツ短パンで行って、その場で数億借りるなんてこともあった」

佐々木
「それ衝撃でしたw」

 

・・・

 

佐々木
「先生がいろいろな起業家の人たち教えてて、勿体ないなと思うことはありますか?」

先生
「そうだね。たぶんね、現金を5000万、1億ってもっとうっていうのがすごいと思ってるんだろうね。

でも、信用持ってるほうがもっとすごいっていうのをみんなが分かったほうが、次のステップいけると思うよね。

ただお金を追いかける人なのか、
信用積み上げていろんな人ができる人なのかで、だいぶん未来は変わってくるんだよ。

お金だけの人には、お金好きな人しか寄ってこないからね。」

 

先生
「そうそう、よく聞かれるのは僕今65歳で、

『働かなくてもお金入ってくるでしょ?』って。

そうよ、というと『なんでやられてるんですか?』って聞かれることも多い。

なんかアーリーリタイアしたいっていう若い子、おおいよね。

自由な時間と、自由なお金と。

僕もそれ憧れてた時もあったけど、今考えるとなーんにも面白くない。」

佐々木
「先生がそういうお考えだからこそ、今こうして教えていただけるので有難いです」

先生
「今こうやって教えるのやってるとね、
佐々木くんはどこまで伸びるかなーとかも面白いよ。

あとね、自分が何かやるときには、出来ないことをやるのが面白いとよね。
ドキドキワクワク感はお金でかえんとよ。

出来ないことを、少し努力したらできるかな、っていうのが一番面白い。

アーリーリタイアするってのは、
ゲームに参加しないのと同じじゃないかなって気がするね。

せっかく面白くてドキドキワクワクできるのに、オーディエンスで『なんかやっとるわー』となるのは、逆に全然面白くないんじゃないかなーと。」

 

佐々木
「そうですね、できるか分からないことを挑戦して、達成した時は喜びもひとしおでした。

1000万稼いで浮かれてたら、先生にできることやっても仕方ない、と喝を入れていただきましたね。笑

それでその月に頭フル回転させて、2000万まで達成して。」

 

先生
「だいたいね、20代30代で止まっちゃうと、将来的に遅れちゃうよね。」

「自分がうまくいったと思ってとまってるときも、世の中は動いて価値観変わっていくよ。

自分だけ変わってない状態で進化してないと「あれ?なんか前と違うな?」となった時にはすごい乖離が起こってる。

昔儲けてた人はレジェンドって言われるかもわからんけど
ただのレジェンドでしかないよね。

それだったら佐々木くんみたいに、今、旬で稼いでる人達の方が世の中と価値観があってるってことだから、そういう人の情報もらったり、そういう人たちから教わった方が絶対いいよね。

僕も化石にならないように頑張りようたけんね。ワハハ!!」

 

先生
「たぶん1回稼いだ人たちは、2回、3回と稼ぐステップの時に障壁が出てくる。そこの越え方を知っとくか知らないかでだいぶん変わるよね。

僕の教え子のAくんもBくんもCくんも、会ったときは法人も立ててなかったのに、もう1億にいけるようになった。

だから次のステップでどうするか重要になってくるよね。

佐々木くんも次はそうなってくると思うよ。」

佐々木
「はい!ご指導お願いします!」

 

続く。

 

この先生をお呼びして、【資産1億構築ウェビナー】を開催しています。

詳細はこちらから

====================

僕は月収2100万円を25歳にして稼いでいます。

人間関係のストレスも0で、場所にも縛られない働き方を僕は選びました。

満員電車とは無縁どころか、時間を大切にするため移動は基本全部タクシーですし

趣味のギターは時間を忘れて練習に没頭したり、アニメを1日中見る日もあります。

ある時には昼間にふと思い立ち、夕方には帰りのチケットも買わず台湾旅行へ行きました。

1日のスケジュールも立てず気の赴くまま繁華街や観光地を散策したり

高級料理屋も財布を気にすることなく店に入って楽しんで、夜には1回3万円のマッサージで疲れた身体を癒したり

なんて日常を過ごしています。

そんな話を聞くと、なんかコイツめっちゃ怪しいとか思うかもしれません。

お前だから出来たんだろ?とも言われます。

けど元々まったくのビジネス素人でしたし

僕は引っ込み思案で緊張しいで、人前でしゃべる時には心臓バクバクして顔真っ赤になるし

ついでに学歴コンプレックスに悩まされ続ける大学生でした。

そんな僕でも今では自信に満ち溢れて、月収2100万円まで稼げるようになりました。

日常生活でも人間関係が改善したり、ぶっちゃけモテたりもします。

結局、やるべき事を学んでいけばどんな人でも稼げる流れがあるので

やるかやらないかなんですよね。

学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできて

実際に僕の教え子は月10万、100万、300万円と稼いでいます。

僕も全くの0から月収2000万円を超えるまでになりました。

過程を下記の記事で公開しています。

月収2000万になれた佐々木の行動理念

====================

7日間で学べる佐々木先生のメルマガ講座はこちら




※ご入力いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。第三者への共有や貸出し、売却等は決して行いません。

※メール講座は不要だと思ったら、いつでもメール講座で届くメール本文の最下部より解除ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です