夢の国に学ぶ「ファンを作る情報発信術」

佐々木です。

・廃れない情報発信者になりたい
・今良くても、後々落ち目になっていったくない

という人は、ぜひこの先読み進めてください。

 

あなたの知りたいことの答えは、最強のリピートビジネスを作り上げている【夢の国】が持っています。

 

ところで某舞浜の夢の国って、リピート率どれくらいか知ってますか?

 

・・・

 

実は、開業8年目にして【リピート率82%】という数字だったそうです。

 

僕は、夢の国のショーのシナリオを作っていた脚本家の方から縁あって学ばせていただいてます。

 

なのでその裏側にある世界観を守るためにどんな努力をしてるのかとか、こんなエピソードもあるんだよ、と教えてもらいました。

 

結論。

【あえて客の意に沿わない】

ということです。

 

たとえば、

客が「行きたい!」と言ってる方向に「待った!」をかけないといけないこともある

ということです。

 

こんなストーリーがあります。

 

あるお父さんが、娘さんと夢の国に訪れました。

娘さんがキャラクターの風船がほしい!というのでお金を渡すと、風船を売ってくれるキャストさんに一直線。

 

しかし、娘はいつまで経っても戻らず、キャストさんと何やら話しています。

風船も買っていないようです。

 

不思議に思うと、娘は自分に一直線に走ってきます。

「お父さんお父さん!

あのお姉さんがお父さんとお話したいんだって!」

と言います。

 

え?俺に話すことあるかな?

 

と思いつつも、話を聞くと・・・

 

「あいちゃん(仮名)からお話聞きました。

はじめてのご来園で、しかも今日北海道からお越しくださったんですね!

ありがとうございます。

明日は朝から飛行機でお帰りになるんですよね。

そうしたら、

申し訳ありませんがこの風船をお売りすることはできません」

 

こう言ってきたのです。

 

「・・・と言いますのも、実はこの風船は飛行機には持ち込むことはできないのです。

 

もしここで風船を買っていただいたとしても、

飛行機に乗る前には、あいちゃんの目の前で風船を割るか、しぼませるかしなければならなくなります。

せっかくの楽しい思い出が、最後悲しい気持ちで終わってしまうのは、と考えております。

 

この沢山の風船をあいちゃんに持っていただいて、写真を撮るのはいかがでしょう?

 

風船だと北海道には持って帰れませんが、写真なら思い出として持って帰ることができますから。」

 

お父さんは納得されたそうです。

 

納得するどころか。

 

【1人(1組)のゲストのためにここまで考えてくれるのか!!】

 

と感動されたとのこと。

 

この家族は「家族で”一度”くらいは」という気持ちで訪れたということですが、

 

絶対毎年来ます!…という手紙が、届いたそうです。

 

この話から学べることは、

繰り返しになりますが

 

【あえて客の意に沿わない】

 

ことをするということです。

 

さっきの例でいえば、

お客さんは確かに風船売ってほしいと思ってました。

 

でも、売らないという判断をした。

 

もしかしたら怒られるかもしれませんよね。

 

ムカっとされるかもしれません。

 

それでも、言うのです。

言わなければ、何が起こるかもわかっているのですから。

 

これって情報発信でも一緒です。

 

お客が商品を欲しいと言っても

「いや、これはあなたに必要なものじゃないです。」と言ったり

 

こういう発信をしたいです!と言っても、それを否定して別の方向を示して動かさないといけない時もあります。

 

逆に、相手の意に沿わない対応をすることを怖がって

「いいっすね~」

とか言ってると、

 

その先そのお客は困ることになるかもしれないのです。

 

風船を売ったから、あとで風船をしぼませるという悲しい思いをするかもしれないのです。

 

それだとダメだよ。

 

とあえてディスったりすることも必要になってきます。

 

僕がコンサルしてもらってる人は、これを恐れずに出来る人です。

 

だから、もう10年近くも続く仲になってるようなお客さんがいたりします。

 

まさに廃れない情報発信です。

 

ディズニーという、最強のリピートビジネス、ファンビジネスから、

情報発信者が学べることのほんの一部として、紹介させてもらいました。

====================

僕は月収2100万円を25歳にして稼いでいます。

人間関係のストレスも0で、場所にも縛られない働き方を僕は選びました。

満員電車とは無縁どころか、時間を大切にするため移動は基本全部タクシーですし

趣味のギターは時間を忘れて練習に没頭したり、アニメを1日中見る日もあります。

ある時には昼間にふと思い立ち、夕方には帰りのチケットも買わず台湾旅行へ行きました。

1日のスケジュールも立てず気の赴くまま繁華街や観光地を散策したり

高級料理屋も財布を気にすることなく店に入って楽しんで、夜には1回3万円のマッサージで疲れた身体を癒したり

なんて日常を過ごしています。

そんな話を聞くと、なんかコイツめっちゃ怪しいとか思うかもしれません。

お前だから出来たんだろ?とも言われます。

けど元々まったくのビジネス素人でしたし

僕は引っ込み思案で緊張しいで、人前でしゃべる時には心臓バクバクして顔真っ赤になるし

ついでに学歴コンプレックスに悩まされ続ける大学生でした。

そんな僕でも今では自信に満ち溢れて、月収2100万円まで稼げるようになりました。

日常生活でも人間関係が改善したり、ぶっちゃけモテたりもします。

結局、やるべき事を学んでいけばどんな人でも稼げる流れがあるので

やるかやらないかなんですよね。

学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできて

実際に僕の教え子は月10万、100万、300万円と稼いでいます。

僕も全くの0から月収2000万円を超えるまでになりました。

過程を下記の記事で公開しています。

月収2000万になれた佐々木の行動理念

====================

7日間で学べる佐々木先生のメルマガ講座はこちら




※ご入力いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。第三者への共有や貸出し、売却等は決して行いません。

※メール講座は不要だと思ったら、いつでもメール講座で届くメール本文の最下部より解除ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です