見切り発車する人が成功する

「こんなんで人前にみせるなんて・・・」

「まだ僕には荷が重いです・・・」

みたいなこと、言ってない?

 

慎重に、失敗しないように。

 

そういう人は、どんどん成功から遠ざかるよ。

 

意外に思うかもしれないけど、

結局、見切り発車しちゃう人が成功するんだよね。

 

今日この話を聞いて、あなたが成功するために不可欠な

見切り発車をできるようになってほしい。

 

 

見切り発車する人とそうでない人

見切り発車って言ってるのは、別に車の運転の話じゃないんで、

そこは勘違いしないでほしい。

 

人間には、見切り発車する人とそうでない人がいる。

 

見切り発車する人は、とりあえずやっちゃう人。

見切り発車できない人は、考えこんじゃう人。

 

見切り発車する人は、とりあえずやっちゃう人。

これだけだとざっくりしすぎだから、少し掘り下げて話すよ。

 

もしかすると、ある程度は考えるかもしれないけど、

自分の状況が悩んでるだけってわかったら、

もうそこで行動に移しちゃう人。

 

そうすると、何が起こるか。

 

成功するか、失敗する。

 

ここで重要なのは、成功にしろ失敗にしろ、結果(フィードバック)が返ってくること。

しかも、あんまり考え込んでないから、結果が返るまでの時間が短い。時間の節約にもなるね。

 

見切り発車できない人は、考えこんじゃう人。

こっちも掘り下げるね。

 

見切り発車できない人は、

 

「もっといい選択肢はないかな・・・」

「もう少し自分で考えたらいいアイデアが出るかもな・・・」

 

とか考えて結局、「これで行く!!」っていう踏ん切りがつかない人のこと。

 

やっと「行く!」となった時は、もう後の祭り。今更感がすごい。

 

仕事でもいるんだよね。

 

自分一人で抱え込んで、抱えきれないくらい事が大きくなって、

結局色々な人に迷惑かけたり。

 

それなら、何か行動に移して、誰かに相談するとかした方が

まだマシじゃん、っていう。

 

なぜ見切り発車する人が成功するのか

 

ここまで、見切り発車する人、見切り発車できない人を比べてきたけど、

見切り発車する人が成功できる理由はわかる?

 

さっき、見切り発車のいいところは、

 

成功にしろ失敗にしろ、結果(フィードバック)が返ってくること。

 

と言ったけど、実は、

見切り発車しちゃうことって、成功の要因にはなるけど、

それ単体だけでは成功に結びつかないんだよね。

 

まだまだ甘いんです。(き、厳しい・・・!!)

 

実は、

 

「見切り発車+○○」

 

で、あなたは格段に成功に近づく。

 

その「○○」をわかってもらうための話をするね。

 

野球少年の話

 

ある公園で、プロ野球選手との握手会があった。

そこには、プロに憧れる野球少年、100人が集まっている。

 

サプライズとして、先着1名に、マンツーマンレッスンを10分間だけ

皆の前で受けられるということが急遽発表された。

 

しかし、皆の前だから、そこで立ちすくんでしまう少年も中にはいる。

 

そこで、誰よりも早く「ハイ!!」と手を挙げた恥知らずの一人の少年。

 

これが見切り発車少年。

 

彼は、他の99人の少年の得られない、プロからの直接指導を受けられることになった。

 

皆の目の前で素振りを見せたり、

ティーバッティングをしたり。

 

恥ずかしくも短い10分間の指導だったけど、彼はプロから、

今の課題や、今後やっていくべきことなどを教えてもらうことができた。

 

そう、見切り発車によって、自分の行動に対するフィードバックを

得ることができたということ。

 

さて、実はここからが始まり。

 

この見切り発車少年には、2つの道がある。

  1. プロに教えてもらったことを周りに自慢する
  2. プロに教えてもらった自分の課題を克服するために行動する

どちらへ進むか。

 

・・・と、ここまで言えば一目瞭然かな。

(でも、意外とやってしまう人が多いので注意)

 

これはあくまで一例だけれど、

 

選択肢1みたいに、見切り発車で得られたフィードバックを無駄にすると、

残念ながら成功には結びつかない。

 

まぁ、そういう人が多いから、「見切り発車じゃだめだ」

みたいに言う人もいるのかもね。

 

僕が言いたいのは、見切り発車は、次の行動に活かすための

フィードバックを得るための効果的な方法だということ。

 

ここまでだと、単なる次の行動への気づきにすぎないけど、

まずは、あなたも見切り発車して、

フィードバックを得ることが大事。

 

選択肢2のように、それを元に自分の行動を” 軌道修正 “し、

また行動をする。

 

そこには、また新たなフィードバックが生まれる。

 

この例なら、野球チームのコーチからかもしれないし、

家族からかもしれないし。

 

そうやって、行動(見切り発車)と軌道修正を繰り返す。

 

一回で止まったら、次のフィードバックが返ってこない。

だから見切り発車する。

 

失敗してもいい。それは次に活かせる。

 

失敗上等だよ。

 

見切り発車と、軌道修正。

 

この、「成功のスパイラル」で、

見切り発車できないヤツをぶち抜こう。

 

【実録】他人の人生を生きてた新卒銀行員の僕がビジネスで人生変えた物語

僕は小さいころから、世間一般に良く思われるような人生の選択をしてきました。

いい大学行って、超有名銀行に勤めて・・・

皆さんもそういう人生を聞くと、『理想的だな』とか思うかもしれないんですが、

僕の中では疑問がありました。

自分の力では1円も稼げず、会社の歯車でせこせこ働かないといけない労働者。

上司や先輩を見て、このまま会社で40年とか働いて人生を終えると思うと、

『自分の人生って、何のためにあるの?』

『本当にこのままでいいのかな』

と思うようになって、毎日その疑問と戦いながら通勤して、働いてました。

20数年生きてきて、他人に評価されるために人生の選択してきて、

今後40年くらい定年までずっと他人の目を気にして生きていく・・・・

そんなの胸を張って『自分の人生』って言えないなと思って、ビジネスに本気で取り組むようになりました。

初めて2か月くらいで月に1万円、そこから5万円、15万円って稼ぎが出るようになって、

今では独立して月に90万円の収益を上げたりしてますが、

そこに至るまでの僕のリアルな人生を、ストーリーにしてメールでお届けしてます。

僕の会社は安定を求めてる人ばっかりなので、10年に一度くらいしか独立する人がいないらしく、

だいぶ異端児みたいなので、読者の方からは『世界の見え方が変わりました』ってよく言ってもらってます。

あと僕がここに至るまでの道筋をロードマップにして無料でプレゼントしてるので、

今の人生に疑問を感じてる方は是非手に取ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です