成功する人は共通して他力本願

「成功者が他力本願?ありえない!」

ってタイトルを見て思った人。

 

もしかして、

「成功する人は、行動力があって、リーダーシップがあって、知識量が半端なくて・・・」

みたいに思ってないですか?

 

でも実は、成功する人としない人の分かれ目って、

「他力本願になれるか?」

だと言っても過言じゃない。

 

今日この話を聞いて、是非あなたも成功する人の仲間入りをしてほしい。

 

日本一のエリート企業で、若くしてスピード出世する上司の話

 

「成功者が他力本願」だと僕が考えるに至った、会社の上司の話をしよう。

 

僕が働いている企業は、世の中的には結構なエリート揃いなわけですが、

その中で、若くしてものすごい勢いで出世している上司がいる。

 

 

その上司は、

「知識をつけるのは自己満足」

「専門家がいるんだから自分が詳しくなる必要ないじゃん」

とよく言います。

 

そう、めっちゃ他力本願ですwww

初めて聞いたとき「そんなんでいいの?」って笑っちゃいましたね。

 

中々ぶっ飛んでる人だと思います。

 

「でもこれを理解して実行できる人は少ない」

 

とも言っていました。

 

ですが、是非あなたにも他力本願を実践してほしいので、

この上司の真意を、分かるように説明していく。

 

 

まず前提として、会社って、何かしら掲げる目的(目標)があって、

それを達成するために存在してますよね。

 

とすると、会社にとって価値の高い人っていうのは、

 

「目的を達成しようとするときに生じてくる課題を、うまく解決していける人」

 

と言えます。

 

極論を言うと、自分の専門性は0でもよくて、

会社の持つリソース(他の人が持つ専門性とか)を

フル動員して、課題をうまく解決できることが求められています。

 

だって会社は目的を達成するためにあるんですから、

それがクリアーできれば構わないんです。

 

 

先ほど言ったように、僕の上司はびっくりするほど他力本願を貫く人ですが、

会社のリソースをうまく動員して課題解決をしています。

 

結果、会社にとって価値が高いと評価され、

周囲の誰よりも早く出世をしています。

 

会社には「出世する人=会社にとって価値が高い人」

という何より分かりやすい指標があるので、

サラリーマンである限りその上司は成功者だと言えますよね。

 

何度も言いますが、成功する人は他力本願なんですよ。

 

あ、ちなみにこれ、会社だけでの話ではなく、ビジネスにも通用する話です。

 

ビジネスの成功においても他力本願は重要

 

個人でやるようなビジネスだと特に、

「独力でやる!」

とか

「まずは自分の知識を増やしてから…!」

みたいに考える人が多いです。

 

しかし、ビジネスの目的が「お金を稼ぐこと」なら、稼げればいいわけです。

 

あなたの知識があるかないかみたいなのは本当にどうでもよくて、

目的を考えれば「稼ぐ」という結果を得ることこそが成功なんです。

 

これに中々気付けないんですよね。

 

なので例えば、もしビジネスをするにあたって特定の分野の知識が必要なら、

すでに知識を持っている人に、

「こういう知識について教えて」って的確にオーダーできればそれでOK。

 

問題解決のときに、あらゆる知識を「自分が」もっている必要はないので。

 

あと、問題解決に必要な答えを的確にオーダーするのが難しい場合は、

もう1から手取り足取り教えてもらうっていうのも、

これまた笑っちゃうほど他力本願だけどアリなわけです。

 

僕だって今までそういうことをして、ビジネスで成功してきました。

 

何より、ビジネスを初めて0から稼げるまでになれたのは、

すでに稼げている人にお金を払って、方法をレクチャーしてもらいながら

課題を解決したからです。

 

目的が「自力でお金を稼ぐ力をつけること」だった僕は、

結果的に「お金を稼ぐ力」がつけばよかった。

 

なのでその過程において、

 

  • 自力でやる
  • 誰かに教えてもらう

 

のどちらを選ぶか検討したとき、

 

「教えてもらった方が早いよね」

 

と考えました。

まさに他力本願ですね。

 

こういうところから成功する人としない人が分かれていく。

 

今ビジネスをやっている人も、これからやる人も、

「あ、今の自分は他力本願になれてないな」

って感じたら、思い切って行動を改めていくことが必要。

 

まとめ

 

今日は、他力本願な人が成功しているという話をした。

 

結局のところ、物事をシンプルにとらえれば

 

「目的」があり、

「目的を達成するまでに立ちはだかる問題」に対して、

「問題を解決するための資源」をどう使うか。

 

これを考えるだけ。

 

だから、

「自分が何から何まで全部できないと、目的を達成できない!」

なんてことはない。

 

これは絶対に意識しておいてほしい。

 

あなたも目的を達成したい、成功したいと思うのであれば、

今日から思い切って他力本願になることが成功への第一歩だ。

 

PS.

他力本願を実践して、僕からビジネスを学びたい人は

こちらからご連絡をどうぞ。

 

 

【実録】他人の人生を生きてた新卒銀行員の僕がビジネスで人生変えた物語

僕は小さいころから、世間一般に良く思われるような人生の選択をしてきました。

いい大学行って、超有名銀行に勤めて・・・

皆さんもそういう人生を聞くと、『理想的だな』とか思うかもしれないんですが、

僕の中では疑問がありました。

自分の力では1円も稼げず、会社の歯車でせこせこ働かないといけない労働者。

上司や先輩を見て、このまま会社で40年とか働いて人生を終えると思うと、

『自分の人生って、何のためにあるの?』

『本当にこのままでいいのかな』

と思うようになって、毎日その疑問と戦いながら通勤して、働いてました。

20数年生きてきて、他人に評価されるために人生の選択してきて、

今後40年くらい定年までずっと他人の目を気にして生きていく・・・・

そんなの胸を張って『自分の人生』って言えないなと思って、ビジネスに本気で取り組むようになりました。

初めて2か月くらいで月に1万円、そこから5万円、15万円って稼ぎが出るようになって、

今では独立して月に90万円の収益を上げたりしてますが、

そこに至るまでの僕のリアルな人生を、ストーリーにしてメールでお届けしてます。

僕の会社は安定を求めてる人ばっかりなので、10年に一度くらいしか独立する人がいないらしく、

だいぶ異端児みたいなので、読者の方からは『世界の見え方が変わりました』ってよく言ってもらってます。

あと僕がここに至るまでの道筋をロードマップにして無料でプレゼントしてるので、

今の人生に疑問を感じてる方は是非手に取ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です